新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

反新自由主義の研究

 本書は、以前「リベラルは死なない」で旧民進党の制作ブレーンであることを示した慶應大学井手英策教授の近著(2020年発表)。著者は反新自由主義の研究者で、本来「頼り合う社会」であるはずなのに、フリードマンハイエクらの影響で世界経済が互酬、再分配を忘れ交換(商売)に特化してしまったという。

 

 デジタル化やグローバル化が進み、中間層が没落して格差が広がったというのが主張。日本では特に、生保いじめなど没落した中間層がより弱い者を叩くようになっている。無駄を探し出して叩くことも多く、公共事業は非効率だとして民営化の流れも起きた。

 

 著者は、生活に必要なサービスを提供することは利益を求める事業とは異なり、同じ尺度で効率性を図ってはいけないという。そこでの提案は、生活に必要なサービスは全て無償で提供する<ベーシック・サービス>である。

 

        

 

 <ベーシック・インカム>と違うのは、お金は不必要な人にも流れるがサービスなら必要な人しか利用しないこと。無駄は発生しない。ではその財源はどうするのかと言うと、消費増税だとある。医療・介護・教育・障碍者福祉の現在の自己負担額が9.5兆円だから、4%の消費増税で賄える。利用者が多少増えるとしてもあと2%、財政再建と両立させるために+3%で、最大消費税19%で<ベーシック・サービス>は可能だ。

 

 <ベーシック・インカム>で全国民に生活保護(月額12万円)並みの支給をしようとすれば、173兆円の予算が必要。これを消費税で賄うには、62%の増税である。全ての社会保障を全廃しても増税幅は23%必要だ。これを唱える新自由主義政党(維新のことらしい)は、政府責任を「渡し切り」にして放棄するものだと、著者の主張とは似て非なるものという。逆に消費税廃止を唱えるれいわ新選組の主張には、28兆円の財政不足を招く一方、貧困家庭には年額16万円の見返りしかないと一刀両断。

 

 うなづけるところもあるのですが、まだ納得は出来ていませんよ。

五木流、人生100年時代の計

 昨日、大前研一氏の「人生100年時代、自ら働き方改革をしてエクセレント・パースンになれ!」という書を紹介した。プロとしての生き様には参考になることも多いのだが、本書はもう少し内省的な「100年時代の計」。

 

 著者の五木寛之氏は(紹介するまでもないが)「青春の門」「大河の一滴」などで知られる文豪。本書は、2017年秋~冬に受けたインタビューをまとめたもの。筆者は当時85歳、統計上自分が100歳まで生きる確率は3.2%だと仰る。日本では医療環境などが整備され「2007年に産まれた子供の半分は107歳まで生きる」という。

 

 筆者は、50歳までは「ひたすら山を登り頂上を目指す時期」だが、それからの「下山」が人生のハイライトだという。それも10年区切りとして、

 

・50歳代は事始め、心身共に元気なうちに下山期をどう生きるかを考える。

・60歳代は再起動、考えた生き方を実践するためにいったん全てをリセットする。

・70歳代は黄金期、下山途中の平坦な道で人生を謳歌する。

・80歳代は自分ファースト、嫌われ者になってもいい、誰にも遠慮せずに生きる。

・90歳代は妄想期、90年間の記憶を糧に時空を超えた楽しみを味わう。

 

        f:id:nicky-akira:20220418090600j:plain

 

 のだそうだ。サラリーマンの人生に当てはめると、まだ現役バリバリの50歳代のうちから、その後のことを考えるべきということ。役職定年や本当の定年、第二の人生を迎えるまでには「下山期の計画」が出来ていて、準備に着手していなくてはいけないわけだ。そうすれば、リセット~黄金期~自分ファースト~妄想を楽しめるということ。

 

 100歳人生にある3つの不安(経済的な変動・社会情勢・健康問題)も、しっかり準備をして乗り越えていこうとある。社会から隔絶されかねない高齢者にとって重要なのは、

 

・キョウイク、今日行くところの意

・キョウヨウ、今日は用事があるの意

 

 で、心身の健康を保つべしというわけ。近著「孤独のすすめ」で紹介されていることらしい。

 

 これらの教えは非常に分かりやすく、自分にもあてはめやすい。

 

・50歳代、ビジネス現場から政策分野へ軸足を移す。

・60歳代、企業の枠にとらわれず政策で「べき論」を議論する。

・70歳代、何らかの形で社会に貢献する。

 

 という次第。このブログも、動けなくなってから妄想に浸るために記憶の補助というつもりで書いています。五木先生のお教え、実践しますよ。寿命ある限り。

大前流、人生100年時代の計

 本書は、経営コンサルタント大前研一氏が「COVID-19」禍が始まった2020年の夏に、「個人が企業を強くする」という単行本の内容を加筆・訂正し、新書化して再出版したもの。もうじき80歳になろうという著者だが、舌鋒はますます鋭い。

 

 テレワークに関して「そんなものは昔からやっている」と、いまさら何を騒ぐかと一蹴。安倍総理を「ダメ経営者の典型」と決めつけ、その働き方改革を、

 

同一労働同一賃金

 「同一」の雇用が海外に流出するだけ、賃下げ圧力になる。正解は、同一成果同一賃金。

◆生産性革命

 確かに日本企業の生産性は低い、しかし人づくりを怠っているからで、このままではホワイトカラー大量失業につながる。

◆正規社員化の推進

 解雇規制が強すぎるのが問題、ただ正規社員を増やすだけでは、雇用の膠着化を招き人手不足も解消しない。

◆残業上限60時間

 Bullshit-Jobが多いのが問題、ただ時間規制をするだけでは、賃下げになるだけだ。

外国人労働者制限

 日本人のスキル不足が問題、制限しても人手不足は解消されず、賃上げにもつながらない。

◆教育無償化・給付型奨学金推進

 日本の大学が「稼げる人」を育てていないのが問題、カネを配っただけでは生産性の低い人を量産するだけ。

 

        f:id:nicky-akira:20220413095654j:plain

 

 と一刀両断である。一番糾弾されているのは文科省。21世紀の世界で通用できる人材を育てられるように日本の大学を改革するのと、それを文科省に期待するのは、猫に「ワン」と鳴けというに等しいとある。

 

 企業の方もかつての「大志に満ちた」経営者は少なくなり、漫然と事業を続けている。もはや日本に「エクセレント・カンパニー」は出現しない。では個人はどうすればいいか?「エクセレント・パーソン」になれと筆者はいう。そうなるには3つの条件が必要で、

 

・語学力、英語もしくは中国語がネイティブと話せるくらい

・統率力、新しい方向を示しそこにチームの力を向けられること

・構想力、答え(先例)のない時代がどううなるのか、見極める力

 

 を備えるべしとある。うーん、最初のはちょっと僕には難しいな。ただこういうスキルを身に着ける努力をし、自ら「働き方改革」をすれば政府や企業に頼らなくても「人生100年」を有意義に過ごせると筆者はいう。

 

 「もう○○歳だから」とメンタルブロックに入らず、もっと学びもっと働けというメッセージでした。及ばずながら努力しようと思います。

海軍第343航空隊「剣」

 太平洋戦争末期、圧倒的な質×量の米軍航空兵力に立ち向かえる帝国陸海軍戦力はあまりなかった。陸軍の隼や海軍の零戦では太刀打ちできない戦闘機や爆撃機を米国の技術と生産能力は量産していた。これらに対抗するため多くの試作機が作られたが、役に立ったものは少ない。その少ない例のひとつが、本書にある「紫電改」。

 

紫電改(NIK2-J)

 エンジン 中島誉21 空冷18気筒 1,990馬力

 最大速度 594km/h

 航続距離 1,720km

 機銃 99式 20mm×4

 爆装 250kg×2

 

 零戦の中島栄12エンジン(940馬力)から倍以上の出力を得て、全備重量4トンの機体を十分に機動させることができた。(零戦の全備重量は2.4トン) 機体が大きくなり小回りが利かないと見られたが、自動空戦フラップという技術で零戦並みの格闘戦能力も持っていた。加えて20mm機関砲4門という武装は、大型機の迎撃にも役に立った。

 

 いくら戦闘機が優れていても、これを駆る搭乗員が未熟では戦力にならない。また航空隊としてこれを統率する司令官、飛行隊長にも人材が必要だった。開戦当時の海軍航空参謀源田実中佐は、海軍きっての飛行機通。敗色濃くなった1944年にも優秀な戦闘機隊を作ることに注力し、自ら司令官となって第343航空隊を結成した。

 

        f:id:nicky-akira:20201026123107j:plain

 

 第343航空隊は松山に本拠を置き、3個飛行隊に定足数各24機の紫電改を配備した。搭乗員は、南方含め方々に散っていた歴戦の者をかき集めた。筆者(宮崎勇)はその一人である。零戦に搭乗してガダルカナル上空で初めて敵機(F4F)を撃墜、以後ウェーキ、硫黄島と転戦し、第343航空隊に呼ばれたときは茂原で再編成の途中だった。

 

 いろいろな敵戦闘機(P38、F6F、F4Uなど)と戦い、爆撃機(B17、B24、B25など)との空戦も経験して、撃墜されている。海上に不時着して危ないところを救われてもいる。そんな経験を淡々と語りながら、本書の後半は第343航空部隊での闘いの日々を紹介している。

 

 表紙の写真は戦後20余年経って、松山沖の海底から引き揚げられた機体をレストアしたもの。NHK松山放送局からの連絡で、筆者も引き揚げに参加している。本書の題名「還ってきた紫電改」はこの機体に由来します。太平洋戦争最後の半年に咲いた華、あだ花だったかもしれませんが強い印象を残しましたね。

スペンサーvs.グレイマン

 グレイマン(灰色の男)といってもマーク・グリーニーの描くコート・ジェントリーではない。もし相手がその男だったら、いかにスペンサーがタフガイでも、側にホークが付いていても命は助からない。ここで登場するグレイマンは、これまでスペンサーもので何度か出てきて「悪党」ではスペンサーに重傷を負わせたガンマンのことだ。

 

 スペンサーのもとにやってきた依頼人は、これまで名のある男と3度結婚し、離婚するたびに慰謝料などでカネを得たという評判の女ハイディ。今は現在の夫が持つ沿岸のタシュテゴ島に住んでいるが、2度目の夫との間に産まれた娘アデレードが結婚することになり結婚式の間スペンサーに側にいて欲しいという。島は個人所有で、他の住人はいない。警備体制もちゃんとしているのに、結婚式の間に何が起きるというのか?スペンサーは、色気のあふれるハイディに恐れをなしてボディガード代りにスーザン・シルヴァマン博士を同行することを条件に引き受ける。

 

        f:id:nicky-akira:20201118191226j:plain

 

 二人が島で案内された部屋は、豪華ホテルのスイートを上回る素晴らしさだった。ただスペンサーは島でかねて因縁のグレイマンがいることに気づき、何か妙なことが進行していると警戒する。式に列席するに短銃身の.38口径拳銃しか持ち込めなかったスペンサーの前に、サブマシンガンMP9を持った6人の男が現れた。彼らを指揮するグレイマンは、自らのグロックで神父と新郎を射殺する。

 

 さしものスペンサーも大勢の人質同然(その中にはスーザンもいる)の前で抵抗は出来ず、おりからの嵐に紛れて1人のマシンガン男を倒すのが精一杯だった。グレイマンは新婦をヘリコプターに乗せて逃げ、あとには警備員4人を含めた7人の死体が残った。しかし誘拐事件にしては身代金要求は来ないし、なによりスペンサーが知っているグレイマンの行動様式からは理解できない犯行である。

 

 「側にいてくれ」との依頼は終了したのだが、アデレードを独自に探し始めるスペンサーとホークの前には、様々な妨害が降ってくる。ついにはスーザンとの夕食を取っていたいたレストランにグレイマンが現れ「手を退け」と迫る。それらを乗り越えて進むスペンサーの前に現れた真実は・・・。

 

 「ダブルプレー」などで発揮された、作者のストーリーテリングのうまさが本書でも生きています。作者もこのあと数冊を遺して世を去りました。残りは大切によもうと思います。