新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

どうしてそこが戦場になったか

 本書は、昨日に引き続き「日本地図シリーズ」の第二弾。同じく武光教授に加えて、合戦研究会の皆さんが著者に加わっている。そこそこの勢力同士がぶつかり合ったものを合戦と定義しているようで、戦場が海外のものは除かれている。巻末にある日本合戦史には、磐井の叛乱(528年)から箱館戦争(1868年)までの100余りの合戦が列挙してある。その中から、20の主だった(日本史として影響の大きかった)ものを20選んで背景と戦闘推移、その結果を詳述している。

 

 多くの合戦は僕にっては既知のものだが、どうしてそこが戦場になったかを考えると「地図」の意味が出てくる。2つの軍事勢力が有りその衝突が避けられない時、どうしてその舞台が選ばれるのか、いくつかのパターンがある。

 

        

 

1)京都への道

 関ケ原の合戦(1600年)が代表的なもので、東軍が大阪・京都を目指し西軍がこれを阻もうとしたケース。関ケ原では壬申の乱と2度の「天下分け目の決戦」が行われている。鳥羽・伏見の戦い(1868年)は、京都までが戦場になった。山崎の合戦(1582年)も、淀川と天王山に挟まれた隘路の出口で明智軍が羽柴軍を迎え撃った。

 

2)港の争奪戦

 水軍がからむ闘いでは、港周辺が決戦場になる。源平合戦の一の谷、屋島(1184~85年)もそうだし、湊川の戦い(1336年)でも九州から海路攻め上った足利軍が朝廷側を打ち破った。技術進歩で北の港が軍事拠点になり独立国を宣言するまでになった箱館戦争も、その中に入れていいだろう。

 

3)大軍を閉じ込めての奇襲

 厳島の合戦(1555年)と桶狭間の戦い(1560年)は、大軍が布陣する島や丘に少数勢力が奇襲をかけて打ち破ったもの。大軍ゆえに混乱すると身動きが出来なくなる。倶利伽羅峠の合戦(1183年)もその例に加えられるかもしれない。

 

 その他、勢力争いの焦点(川中島長篠城)や孤立勢力が頑強に抵抗したところ(会津戦争島原の乱)も戦場となりました。地図で見る合戦史、面白かったです。

おクニはどちらですか?

 以前文書新書の「世界地図シリーズ」を何冊か紹介した。今日から4日間、おなじ文春新書の「日本地図シリーズ」で書棚にある4冊を紹介したい。初日の今日は、県民性もしくは地域性に関するもの。著者の武光誠氏は、明治学院大学教授で専門は歴史哲学、思想文化研究家でもある。

 

 冒頭「日本は単一民族、言語、文化の国家」という俗説を、著者は否定する。これは明治政府が出来てから、権力者の手で意図的に広められたものとある。古代の日本列島には「盆地世界」が方々に産まれて、そこから文明社会が始まっている。内陸のものが小盆地、海岸沿いのものが小平野。小盆地61箇所が例示されているが、僕に縁のあるところ(東京都~神奈川県~静岡県~愛知県)には1箇所、秦野盆地があるだけだ。このエリアには、小平野が多い(富士裾野など7箇所)。全国の小平野は54箇所示されている。

 

        

 

 全国100箇所以上の山や丘陵に囲まれたエリアで文明は起こり、徐々につながっていった。一般人にとっては、近代になっても「国」といえば精々旧国名(例:遠江駿河・伊豆)のレベルまで。気候や豊かさが異なることから、さまざまな県民性が生まれている。

 

 某省の関係で地方を回る会合に行くと「東京は特殊だ、大手町・霞ヶ関の考え方を捨てろ」とよく言われる。本書によれば東京人は、

 

・全国でとびぬけた出世率、その分競争が激しい

・「お金は汚いもの」という認識は全国最低、貯蓄率も高い

・情報通だが、流行の移り変わりが激しく、人間も飽きっぽい

 

 とある。古い因習など「どこ吹く風」というわけ。

 

 かつては大阪が経済では東京に対峙していたのだが、今やいろいろな意味で東京一極集中である。これが進むのは好もしいことではないので、筆者は「東京で原型を作り、地域ごとに異なった気質の中で、まわりに合う形で独自に育てる」ことが重要だといいます。これは僕の地方行脚の際にも、参考になる言葉でした。

5年前にちゃんとバラしてました

 2018年発表の本書は、元東京地検特捜部副部長で衆議院議員の経験もある若狭勝氏の政界裏面(というより暴露)書。著者とはある縁があって面識があり、この本も紹介されたもの。特捜部時代は政治家の不祥事を追うのが仕事だったが、ひょんなことから4年間に4度の選挙に臨み、2勝2敗だったと本書にある。小池都知事の「都民ファーストの会」を応援して勝ち、「希望の党」で戦って敗れた。しかし3年間は議員活動をしていたので、他の議員が語らない国会議員の裏面を平然とバラすことができた。

 

 よく「政治は清濁あわせ呑む」と言われるが、著者の目には「犯罪は犯罪」と映る。昨今話題の裏金問題も、赤裸々に記述してある。国会議員のほとんどは、犯罪者であるとしている。その罪状は、

 

・選挙に当たって事前運動は当たり前

・自らのもしくは支援者の選挙では買収行為をする

・そのための資金はパーティ券のキックバックなどで貯めた裏金

 

        

 

 というもの。政治家個人と政党支部長を使い分けるテクニック(!)も紹介されていた。一般の人が十分実態を知らない、文書交通費、JR無料パス、法外に安い宿舎やオフィス等の特権を享受し、本来の仕事である立法については全く知識がない。

 

 委員会では居眠りやスマホいじり、審議する法案はちんぷんかんぷんなのだからいたし方ない。そんな具合でも議員が務められてしまうので、選挙に勝つこと、党や内閣でいいポストをつかむこと、そのために現ナマを使うことにまったく罪悪感のない議員が出来上がるわけだ。

 

 安倍(当時)総理も含め、現役の国会議員の所業についてもかなり手厳しく批判している。最後に、国会議員を連続で続けることができないよう、衆院4年・参院6年の一期制にすべきとあるのは面白い提案だった。

 

 うすうす知ってはいたが、ここまで赤裸々に書かれると半分絶望してしまいます。しかし5年以上前にバラしてくれていたのに、当時は騒ぎにならなかったですね。本書があまり売れなかったせいでしょうか?

名門男子校での殺人事件

 1990年発表の本書は、自身英語教師でもあるW・エドワード・ブレインのデビュー作。作者は、写真を見ると「サンダーバード」の科学者ブレインズを思わせる風貌である。「寄宿舎という閉鎖空間での事件、青年たちの姿が鮮明」との評価があるが、他の作品については情報がない。舞台となっているのはバージニア州にあるモンペリエ校。6年制の男子校で古い歴史地区にあり、豊かな自然の中で学生全員が寄宿舎生活を送っている。実際首都にも近いバージニア州に、モンペリエ(うーん、フランス風)歴史地区というものがある。

 

 登場人物の多くは16歳前後の男子学生。日本と違うのは、運転免許を持っていて夜、街に繰り出したりする「全寮制」の実態。お酒はもちろん、男女交友もかなり進んでいる。何しろ人気授業が「生物」で、それは動物を通じて性行為の勉強ができるから。学校自体にキリスト教の影響は大きく、性行為も「神が認めた崇高なもの」と教えられている。一方で教師夫妻の寝室をのぞいたり、男同士の行為にふける青年たちの「情熱」も止められない。

 

        f:id:nicky-akira:20220209135319j:plain

 

 通常の学業以上に推奨されるのが、課外活動。主人公の学生トマスは、バスケットボール部に所属しているが担当教師から演劇もするよう勧め(求め・・・かな)られている。トマスは対外試合でフリースローやパスを決められず、演劇の方でも「オセロ」の中で振られた役割に納得できない。スポーツはともかく、本書の最初から最後まで(学芸会にも見える)オセロの上演に学校ぐるみで尽力する姿は興味ふかい。

 

 そんな平和な日々を打ち砕いたのが、レスリング選手が首を折られて殺された事件。ニューヨークの場末の劇場で殺された男娼の手口と同じで、校内に殺人鬼がいるのではとの緊張が走る。その後も犠牲者は出るのだが、紙幅の多くは学生と教師の日常に費やされる。女子校とのパーティやトマスの淡い恋の影で、「危険な情熱」をもった殺人者が次の犠牲者を求めて動き回っていた。原題の「Passion Play」はこの意味だろう。

 

 500ページもの大作で、サスペンスでも純粋な本格ミステリでもない印象。この時代でも名門校だと黒人学生は一握りなのだな・・・など、違った興味を持たせてくれた作品でした。

 

国際的機密ブローカー「L」

 1937年発表の本書は、以前紹介した「一角獣の殺人」に引き続き、英国の諜報員ケン・ブレイクとイーブリンが登場するカーター・ディクスンの<H・M卿もの>。そもそもH・Mことヘンリー・メルヴェール卿の得意は怪奇な事件と密室の謎。しかし彼は陸軍諜報部長官なのだから、エスピオナージ色の強い作品があってもいいと思っていた。本書はまさにそれにあたる。

 

 「一角獣・・・」の事件で親密になったケンは、ついにイーブリンと結婚することになった。しかし結婚式を間近に控えた日に、H・M卿からの電報で観光地トーキー(デボン州)に呼び出される。与えられたミッションは、付近に隠棲しているドイツ人ホウゲナウアを探ること。この人物は「天才」と評判をとって、大陸から渡ってきた。彼が国際的機密ブローカー「L」の居場所を知っているらしいのだ。

 

        

 

 この人物は、WWⅠ時代には鳴らしたドイツスパイ。本当に協力する気なのか、何か企んでいるのか探れと言うのがケンに与えられたミッション。H・M卿の友人でもある、現地警察部長チャーターズ大佐に援けてもらえとある。ところが現地に入ったケンは、毒殺されたホウゲナウアの死体と遭遇する。

 

 ところが彼の従者は「ホウゲナウアは友人のケッペル博士を訪ねて行って、今ここにはいないはず」という。70マイル離れた村にドイツ人ケッペル博士を訪ねたケンは、ここでも毒殺された博士の死体を見つける。しかも2人の被害者の死亡時刻はほぼ同じだった。偽札偽造団と疑われたり、田舎警察に逮捕されたり、警官や牧師に化けて逃げまどったり、悪戦苦闘しているケンのもとに、イーブリンも応援に駆けつけて事件を追うのだが・・・。

 

 本書の最大の謎は「これって何の事件?」ということらしい。確かに殺人事件はあるし、不可能興味もあるのだが、読者は最終章まで何が起きているのかわからないと思う。解説では「これが新しいミステリーのなぞ」というのだが、単にドタバタ(例のファース)劇ではないかとも思う。

 

 やっぱり作者には、正々堂々不可能犯罪に挑んで欲しいですね。ちょっと残念。