新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

2020-02-15から1日間の記事一覧

旅行者のカメラ、1938

エリック・アンブラーはイギリス生まれのスパイものを得意とした作家である。エリオット・リード名義のものも含めて20作あまりの長編小説を残した。1936年に「暗い国境」でデビューし、それまでの「外套と短剣」型のスパイ小説に飽き足りなかった読者に、リ…