新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

2022-03-09から1日間の記事一覧

名古屋弁を話す検事

「憲法おもしろ事典」などを紹介してきた弁護士作家の和久俊三、多くのミステリーの執筆しているが一番多いのは「赤かぶ検事」ものではなかろうか。検察事務官からたたき上げ、副検事に昇進、高年齢になってからようやく検事に任官した柊検事が主人公である…