新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

ハイテク戦争研究者の戦後

 高木彬光「悪魔の嘲笑」を読んで、「陸軍登戸研究所」の毒薬が出てきたので、本棚を探して本書をもう一度読んでみた。太平洋戦争が終わって30年近くたった1984年に発表された本書は、作者が「陸軍登戸研究所」の生き残りを探して日米のみか中国にまで足を伸ばした労作である。

 

 この研究所の場所は小田急向ヶ丘遊園駅のそば、現在は明治大学生田キャンパスになっている。米国との決戦(というか無謀な戦い)を決意した陸軍が、当時のハイテクを戦力化しようとした研究施設のひとつである。最盛期1,000人が勤務したという組織で、

 

 一科:物理研究 盗聴器・無線機・怪力光線・風船爆弾

 二科:化学研究 毒薬・細菌・秘密カメラ・秘密インキ

 三科:経済研究 紙幣・パスポート・証明書等の偽造

 

 のほかに製造を担当する四科と総務科があった。

 

 作者は特に機密管理の厳重だった、化学兵器・細菌兵器(この中に例のアセトンシアンヒドリンも含まれる)や紙幣偽造を担当しなかった技術者たちに接触し、三科を率いていた山本元大佐にまでたどりつく。山本憲蔵元主計大佐の写真が載っているが、禿頭で老いてはいるが鋭い目つきの人物だった。

 

        f:id:nicky-akira:20200123195717j:plain

 

 さらに作者は散り散りになったはずの研究所員が、戦後GHQリクルートされていたことも突き止める。米国は日本を占領した後、あまり日を置かずしてソ連と冷戦に入り朝鮮戦争も勃発、毛沢東の中国軍とも戦うことになる。その時に対中、対ソの謀略戦を戦った経験のある研究者は有用だったのだ。

 

 元研究所員の何人かは米国にわたり、持っていた技術で米国の謀略戦に加わった。その多くは日本に戻らず米国で永住権を持っている。彼らの証言から、元研究所員を(ある程度)組織化してGHQやその後の米軍に協力したのは、山本元大佐だったこともわかった。彼はサンフランシスコで米軍人から「コロネル(大佐)」と呼ばれていたらしい。もちろん、登戸研究所で中国やソ連の紙幣・証明書等を偽造していた彼らが、米軍のどんな任務に就いていたかは語られることはない。

 

 二科で毒物を担当していた技術者は、「帝銀事件」について官憲の聴取を受けている。使われたのが、アセトンシアンヒドリンだったからだ。彼らは平沢死刑囚は犯人ではないと思うと口をそろえた。

 

 昭和初期のハイテク戦争研究機関の話、面白かったです。今ならさしずめ「サイバー戦争研究所」というところでしょうかね。

暗号はとても面白いが

 ミステリーの始祖エドガー・アラン・ポーは怪奇もの、スパイもの、実録もの、密室、本格ものなど多くのジャンルに足跡を残した。暗号ものの元祖「黄金虫」もそのひとつ。コナン・ドイルも「踊る人形」という暗号ものを書いている。これらは、通常の文字を別の記号/符号などで置き換えたもの(置換法)で、英語であれば出現頻度の高い文字 "e" を追いかけ、これを含む単語 "the" を特定することで解読の糸口が得られる。

        f:id:nicky-akira:20190427201109p:plain

 
 アレクサンダー大王時代に通信したい2人が同じ太さの棒を持ち、紙片をこの棒に巻いた時にだけメッセージが現れることをしたというが、暗号の歴史は古い。興味深いテーマではあるのだが、暗号解読が難しすぎれば読者が理解できず、簡単すぎればかえりみられないという作者にとっては難しいものだ。
 
 それゆえスパイものとして暗号機密(例:エニグマ)を奪い合うような話でしか、暗号は扱われなくなってしまった。そんな風潮に、敢然と挑戦したのが本書である。美緒&壮ものでアリバイ崩しなどを発表していた作者だが、理系探偵(数学者)黒江壮の創造主である彼も理系出身である。本書は製薬会社の後継者争いを、DNAを解析したガンの特効薬開発をからめた話である。
 
 一代で巨大製薬会社「朋友薬品」を打ち立てた友野老人だが、息子の病気や孫の事故死で残った孫の章一郎(大学の薬学部講師)に望みを託していた。ところが彼が公園で撲殺されて苦境に立つ。警察は被害者の周りにいる朋友薬品幹部や大学関係者に犯人がいるとみて、捜査を開始する。そこで突然登場するのが「天地子我」の4種の文字が並ぶ177文字の暗号文。どうも事件の真犯人を名指ししているようだが、解読は(読者も含めて)難航する。
 
 暗号を書いて警察に送ったらしい男も殺され、さらに連続殺人は続く。暗号の方は、この4種の文字がDNAの塩基配列 "ATGC" に相当することが分かって解読に近づいてゆく。
 
 暗号の出来は出色で、解読プロセスも面白かった。しかしこれだけでは短編にしかならない。作者は連続殺人事件にからめて捜査陣とその背後にいる読者に暗号を解かせようとする。暗号は解けて犯人の名前はわかるのだが、それが無くても犯人は検挙できたように思う。殺人捜査と暗号解読の関係に必然性がなく、折角の暗号が浮いてしまいました。やはり、暗号ものの長編は難しい、と改めて思いました。

シェークスピア劇の異邦人

 よれよれレインコートでフケと葉巻の灰をまき散らすやぶにらみの小男、とても探偵役には似つかわしくないのだがそれが難事件を鮮やかに解決する・・・という「刑事コロンボ」シリーズ。主演のピーター・フォークは片目が義眼の、もともとはチンピラ役が多かった俳優である。

 

 まず犯人測からうまく成し遂げた犯罪(多くは殺人)を描き、第二章からコロンボ警部が登場する。犯人役は、主演ができる立派な俳優・女優ばかり。最初は「この刑事、とんちんかんなことばかりしている」と憐れむ犯人なのだが、2時間のうちに立場が逆転してしまう。この落差は、本シリーズの魅力である。

 

 本書「ロンドンの傘」は、僕が見た中ではベスト3に入る傑作である。ロンドンの劇場で「マクベス」の舞台に賭ける俳優夫婦、劇中この夫婦は悪役のマクベス夫妻を演じることになっている。しかし開園前の日、楽屋を訪れた劇場の持ち主でパトロンのロジャー卿を、二人はいさかいの末に殺してしまう。

 

        f:id:nicky-akira:20191204164933j:plain

 

 卿の死体を彼の自宅まで運び、就寝前にくつろいでいた時に階段から落ちて事故死したかのように見せかける。偽装は成功し、二人は疑われることなく「マクベス」の初日を演じて高い評価を受けるのだが・・・。

 

 この夫婦にとって運の悪いことに、ロサンゼルス市警とロンドン警視庁の間で交換研修があって、ロスからやってきていたのがコロンボ警部だった。スコットランド・ヤードで彼を受け入れてくれたダーク部長がロジャー卿の親戚だったことから、捜査にコロンボ警部がからんできてしまった。

 

 いつものようにダサい所業をくりかえすコロンボ警部だが、いつもと違うのは舞台がロンドンで英国貴族とその豪華な邸宅や、折り目正しい執事の前になっていること。紳士の国では、コロンボ警部の異邦人ぶりはとみに激しい。俳優夫婦を犯人とにらんだコロンボ警部だが、決め手には欠けている。かれが注目したのはロジャー卿の傘。ロンドンといえば雨、傘の出番は多くロジャー卿が劇場の楽屋を訪れた時も雨が降っていた。俳優夫婦は、ロジャー卿の傘の始末を誤ったのだ。この唯一のミスを、コロンボ警部が巧みな罠で突いてゆく。

 

 文字で読んだのは初めてでしたが、昔見た映像を思い出して懐かしかったです。「マクベス」などのシェークスピア劇になじみがないとわかりにくいこともあるのですが、それでも警部の異邦人ぶりを楽しめました。

イタリア人探偵ベネデッティ教授

 本書は1979年発表の、ウィリアム・L・デアンドリアの第二作。デビュー作「視聴率の殺人」の<ネットワーク>の社内探偵マット・コブとは違い、イタリア人の名探偵ニッコロウ・ベネデッティ教授が探偵役を務める。デビュー作以上の評価を得た作品で、本格ミステリー30選を選べば必ず入ってくる傑作である。デアンドリアは本書でその地位を不動にした。

 

 舞台はニューヨーク州の小さな町スパータ、人口19万人ほどの小さな企業と大学があるだけの普通の町だ。この冬は異常な寒波に襲われて、街ごと凍えそうになっている。そこに降ってわいたのが、HOGという凶悪犯による連続殺人事件だった。

 

 新聞記者テイタムの前を走っていたワーゲンが、折れて倒れてきた標識に当たって事故を起こした。2人の女子学生が死に1人が重傷を負った。標識の根元にはボルトカッターで切れ目を入れた痕があった。2日後、テイタムにはHOGを名乗る犯人から「俺が殺した。まだ続ける」との挑戦状が送られてくる。その後孤独な老人が階段から落ちて、8歳の男の子が落ちてきた氷片にあたって、女子大学院生が麻薬の過剰摂取で死ぬ。いずれもにHOGから犯行声明が届いた。

 

        f:id:nicky-akira:20200522141255j:plain

 

 町はパニック状態になり、些細な事故もHOGの仕業だと疑ったり、銃を買おうと人が銃砲店に殺到するようになる。捜査を指揮するフライシャー警視は、私立探偵ロイを通じて音に聞こえた探偵ベネデッティ教授に助けを求める。

 

 このイタリア人、哲学者というが大学での研究は犯罪学。何人もの教え子を使って捜査に加わったが、教え子は死んだり、犯罪者や独裁者、あるいは成功した事業家になるなど浮き沈みがはげしい。私立探偵になったロイが珍しい普通の生徒である。外観はロイによれば「壮麗な服装のイタチ」で、教え子にタバコをねだるなど吝嗇である。まあ、名探偵に欠点は必要でもあるのだが・・・。

 

 教授到着後も元保安官補などが殺され、容疑者は徐々に絞られるのだがある時点から教授は捜査会議に出ず、絵ばかり描くようになる。言葉遊びが好きな作者故、ロイたちの捜査会議はHOGの語源についての議論になるHOGが豚を意味する隠語であって、被害者の苗字が豚の品種と同じだなどの話が3章にわたって続く。英語を母国語としない読者は苦労する。翻訳者の苦労は並みではないし。

 

 確かに名作で、45年前に読んだが最後の一文は今でも覚えています。懐かしかったです。

黒と白のブルックリン、1947

 ボストンの軽妙な私立探偵スペンサーものしか読んだことのなかったロバート・B・パーカーのノンフィクション風ハードボイルドが本書。アメリカ人なら「誰も」が知っている近代最初の黒人大リーガー、ジャッキー・ロビンソンとその周辺の人物が実名で登場する。ロビンソンはもちろん、ブルックリン・ドジャースのジェネラルマネージャであるブランチ・リッチーも、とても生き生きして本物らしい。

 

 ロビンソンの存在や行動は、白人社会にも黒人社会にも大きな波紋を巻き起こす。何しろ黒人運転手のタクシーには白人が乗れない(逆も当然)ような街であり時代なのだ。ホテルも、レストランも当然そうだ。そんな中、リッチーはロビンソンのボディガードとして白人の元ボクサー、ジョゼフ・バークを雇う。

 

        f:id:nicky-akira:20200116174556j:plain

 

 バークはガダルカナルで重傷を負った元海兵隊員、瀕死の状態で帰国してみれば年上の妻には逃げられていた。彼は「人間としての心の大部分を奪ったのは日本軍だが、残りは前妻が持って行った」と言う。木枯し紋次郎にも似た矜持を持ったボディガードであるバークと、黒人にとっての未開の地大リーグを切り開こうとする忍耐の塊のようなロビンソンの、男同士の短い会話が印象的だ。訳者の菊池光の文体や表現は、簡潔でストレート。スペンサーものでも相棒ホークとのやりとりが面白いが、本書ではそれがより一層輝いている。

 

 二人の前には、ニガーリーグの衰退を憂える黒人野球界、八百長をもちかける黒人暗黒街、ひょんなことから恨みを抱くマフィア、命を狙う白人至上主義者などが次々に現れる。バークは市の顔役などを使ってこれらの脅威をうまくすり抜けていき、二人の友情は強固なものになる。

 

 今のニューヨークや(僕の良くいく)ワシントンDCでは考えられないことだが、白人世界と黒人世界が厳然として分かれていた時代を赤裸々に表したのが本書だ。外国人にとって、大リーグの歴史以上に勉強させられるものがある。

 

 味付けの美女との絡みもそこそこあるのだが、何と言ってもハードボイルドな男の魅力が横溢した一冊だった。パーカーをチャンドラーの後継者という評論家がいるのが不思議だったが、本書は正々堂々の本格ハードボイルド。いや、感服しました。