新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

海洋国家日本再生へ(前編)

 本書は僕が多くの軍事知識を貰うことができた、松村劭元陸将補著の海戦史。著者は陸上幕僚部、防衛研究所を経て陸上自衛隊西部方面部防衛部長で退官された、戦略・戦術研究、情報分析の専門家。数々の著書があり、以前「海から見た日本の防衛」「戦術と指揮」を紹介させてもらった。

 

 本書は2006年に中央公論社から出版されたものを、上下巻に分割して文庫化している。上巻ではギリシア・ローマ海戦の頃から、18世紀までの海戦が取り上げられている。三段櫂船、斬り込み戦術、亀甲船、舷側砲、戦列艦などの兵器や戦術の変遷とそれを活用した将軍、国家などの盛衰はとても面白いのだが、僕はもっと戦略的な視点で本書を読んだ。

 

 大国は大陸国家と海洋国家に分けることができ、その戦略は自ずと異なったものになる。前者は領土の拡張を目指し、敵国を占領することを目的とする。後者は種々の物の流通を重視し、敵国の海洋覇権力の破壊を目的とする。両者の決戦(例:アテネ対スパルタ)は容易に決着しないし、深刻な対立になりにくいが、大陸国家が海軍力を強化し始めると本格的に衝突することになると本書にある。ローマ対カルタゴの三次にわたる戦争はその代表的なもので、シチリア島の占領をねらうローマが海軍力も強化することで衝突し、地中海の流通路を命綱とするカルタゴを滅ぼすことになる。

 

        f:id:nicky-akira:20210224151553j:plain

 

 秀吉の朝鮮半島侵攻も、当時は陸棲国家だった日本が海上補給路をおろそかにして、李舜臣の通商破壊戦に苦しめられたのが例。その後日本がシーパワーを強化し、所詮沿岸海軍だった朝鮮艦隊を撃ち破ることになった。

 

 現下の情勢から見ると、大陸国家の代表格である中国が、南シナ海進出・複数の列島線の設定など海洋進出を目指している。航空母艦の建造などシーパワーも増している。これが海洋国家である英米との衝突を予感させる背景になっていると思われる。

 

 ポルトガルやスペインの跡を継いで「七つの海」を支配した英国のシーパワー論は、

 

・海洋交通の要衝に位置する戦略的地勢

・優れた基地としての軍港の戦略的展開

・国民の海洋民族性の育成

・政府の海洋国家としての政策力

 

 を整備することにあるという。前者2つは当然として、英国はシーパワーの決め手は「シーマンシップ」にあると言っているように思う。カルタゴは海の民でシーマンシップはネイティブにあった。それにローマが追いつけた時、カルタゴは滅びた。

 

<続く>

蔵王温泉周辺でのアリバイ

 本書(1969年発表)は、「本格の鬼」鮎川哲也の鬼貫警部もの。まだ新幹線は東海道だけ、長距離電話も地方によっては交換台を経由してという時代の作品である。舞台は芸能界で、クラシック歌手の鈴木久美子とピアニストの夫重之の夫婦喧嘩から物語が始まる。12年連れ添った2人だが子供はなく、久美子が名古屋の女子大で毎週の講義をもつようになって家を空けることが多くなった。

 

 浮気を疑った重之は探偵を雇い、久美子の跡を尾行させる。果たして久美子は名古屋で泊まると言っていながら、茗荷谷のマンションに入っていった。そこはライターの雨宮という男のマンションで、重之に証拠を突き付けられた久美子は浮気を認めた。2人は離婚を決めたが、ある夜雨宮が何者かに刺殺されてしまう。当然疑いは重之にかかるが、重之にはアリバイがあった。

 

 警察の捜査が停滞する中、週刊誌記者の富永は雨宮の婚約者という女から情報を得て独自に取材し、久美子の浮気相手は雨宮の部屋を借りた別の男ではないかと推測する記事を書いた。その男(X)と間違われて、雨宮は殺されたのではないかと・・・。富永は久美子にX氏の名前を言えと迫るのだが、話さないうちに久美子は事故で昏睡状態になってしまう。

 

        f:id:nicky-akira:20210207155517j:plain

 

 悔しがる富永のところに、「5月20日にXを殺す」という予告電話が入った。実はXは売れっ子コメディアンで芸能プロ社長でもある朝吹だったのだが、殺人予告の記事を見た朝吹は芸能プロ専務の鷹取と相談、20日の前から休暇と称して姿を隠すことにした。しかし鷹取も21日には朝吹と連絡できなくなり、自宅マンションには誰かが押し入った跡があり.22口径の拳銃が残されていた。数日後、軽井沢の沼から朝吹の死体が上がった。腹部を.22口径で撃たれていた。

 

 鬼貫警部ものの常として、400ページ中300ページまでには犯人の目星はつく。しかし最有力容疑者には、20日前後に蔵王温泉にいたというアリバイがあり、マンションの鍵は本人以外持っていないことも分かる。特性の鍵で専門家以外は開けられないものだ。捜査に行き詰った鬼貫警部は単身蔵王に出かけ、容疑者が天童・立石寺・峨々温泉・青根温泉・遠刈田温泉を巡った跡を自ら歩く。

 

 久美子の事故が偶然過ぎることを除けば、よどみのない見事なストーリーとトリックでした。この犯人、鬼貫警部は言うように「本当に頭が切れ」ますね。

 

政治は熱量、ではどう評価する

 4年ぶりの総選挙が始まろうとしている。本書は2019年の発表で、

 

・元大阪府知事大阪市長、弁護士 橋下徹

・山猫総合研究所代表、国際政治学者 三浦瑠璃氏

 

 が日本の現代政治(&政治家)について対談したもの。橋下弁護士は「維新の会」の創設者で、大阪市大阪府の二重行政を打破しようとし、数々の改革を手掛けたものの「大阪都構想」の住民投票に敗れ、政界を引退している。三浦代表は「朝までナマTV」の常連で、司会の田原氏をたしなめることのできる人。議論は、イデオロギー世論調査・経済の指標・税制・地方分権・対米対中外交・安全保障・憲法改正など広範に及んだ。結論を先に行ってしまえば、

 

 「有権者がちゃんと政治家を見て、選挙に行くこと」

 

 である。これが無ければ日本は良くならないと、両者は一致している。では政治家をどう見るかというと、下記のように3つに分類している。

 

・雄叫び派 やたらめったら決断し、権力を行使したがる。

・きれいごと派 権力の抑制を唱え、結果として問題を先送りする。

・腹黒派 権力を適正に使うため、嘘をつくことも権謀術数をめぐらすこともある。

 

 例えば韓国の文大統領は「雄叫び派」の典型、トランプ先生は「雄叫び」はするけれど通商交渉などでは「腹黒派」に変身するという。

 

        f:id:nicky-akira:20211009135431j:plain

 

 また問題が起きた時の処理について、政治家の対応は4つあって、南スーダンでの自衛隊が戦闘に巻き込まれたか否かの事例を挙げて説明している。

 

1)戦闘行為はなかった、記載したとされる報告も存在しないと、嘘をつきとおす。

2)「戦闘」の概念を狭く定義し、今回の騒動は「戦闘」レベルではないとする。

3)この程度の騒動で自衛隊を撤収し現地に混乱をもたらしていいのかと反撃する。

4)末端の責任者の首を切ることで、尻尾切りで逃れる。

 

 1)と4)が論外なのはお分かりになろう。

 

 橋下氏は「政治は熱量」だという。確かに数は必要だが、エネルギーは数×熱量で決まる。ゼロから始めた「大阪維新」が、数年でメジャーになれたのは、熱量がおおきかったからだと彼は言う。その論からすると、例えば憲法9条改正(彼は必要と思っている)や、外交・安全保障の議論は、一般市民の熱量が感じられないので難しいのだそうだ。

 

 岸田政権では「経済安全保障」が大きなテーマになっています。これが「熱量」をもてるのかどうか、お二人に聞いてみたいですね。

ヴュルテンベルク王国の少尉候補生

 1944年の今日は、「砂漠の狐」と呼ばれたドイツ陸軍のロンメル元帥が亡くなった日。先日見た映画「砂漠の鬼将軍」のラストのように、ヒトラー暗殺に関与したとして自殺を強いられた日である。2019年発表の本書は、非常に珍しい日本人の手になる欧州軍事史である。決して通俗的なものではなく、歴史学的な論考に分析、豊富な参考資料に裏打ちされたものだ。著者自身があとがきで述べているように、戦後の日本ではこのような学術的論考はほとんど成されていない。

 

 ロンメル将軍については第二次世界大戦中から、少ない戦力で相手を翻弄しフェアプレイに徹した英雄との評判が高かった。英国首相チャーチルでさえその功績をたたえている。一方で戦後そのイメージはナチスプロパガンダによるもので、ヒトラーに取り入ることが上手で前線では好き勝手をした軍人との説も流れた。本書は膨大な文献にあたり、ロンメルの実像はその中間にあったことを示したものである。

 

        f:id:nicky-akira:20210629202957j:plain

 

 エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメルは、今のバーデン=ヴュルテンベルク州東部の街ハイデンハイムで1891年に生まれた。中産階級ではあったが軍人の家系ではない。数学などに才能を見せたロンメル青年は、18歳で軍に入隊する。志望は砲兵(数学能力要)だったが、歩兵に配属され後に士官候補生となる。

 

 この経歴が、優秀で勇敢な彼の将来を決めた。つまり、

 

陸軍大学校士官学校も出ていない。

・貴族でもないから騎兵に配属されない。

・ドイツ軍の中枢はプロイセン出身者が握り、傍流の地域出身だった。

 

 というハンディを持っての軍人生活が始まるのだ。第一次世界大戦ではアルプスでイタリア軍相手に奇襲を成功させ、指揮官先頭ゆえ何度も負傷しながら勲章を得た。しかし戦後は長く「万年大尉」で不遇をかこった。そこにヒトラーが登場、やはりプロイセン出身者の傲慢さを嫌う「ボヘミアの伍長」は、ロンメルを抜擢する。

 

 第二次世界大戦中のフランス戦線や北アフリカ戦線での活躍は周知の通りだが、上級指揮官の命令を無視した独断専行、奇襲の繰り返しで戦果は上げるものの、配下の犠牲も大きかった。著者は、戦術に天才的な冴えを見せ新技術・戦術も容易にマスターし、作戦級までは特筆すべき指揮官だが、エリート教育を受けていないためか戦略級では能力を発揮できなかったと結論づける。

 

 日本人の手になる「ロンメル研究」、面白かったです。

ウクライナと琉球のケース

 昨日「民族問題の世界地図」で、東南アジアから中近東までの民族紛争のタネを勉強した。本書(2017年発表)は元外務省分析官の佐藤優氏が、同志社大学で10回にわたって外交論を講義した内容から「民族問題」に関わる部分を抽出したもの。上記の書で語られなかった、ウクライナ琉球を題材に民族問題の根と対処のケーススタディをしたものだ。

 

 筆者は神学者でもあり、その方面の記述や引用が多いのが、僕には悩ましい。ただ「民族」ってなに?という冒頭の説明は、うなづけるものだ。それは、

 

1)原初主義 言語やDNA、宗教や文化などに共通のルーツをもつ区分

2)道具主義 為政者・エリート層が支配のために考え、強制した区分

 

 で、日本民族は言語やDNAという原初主義が主流。日本列島ではメジャーな民族ゆえに、民族問題については理解も経験も少ないという。道具主義ユダヤ人を差別したナチスドイツのような発想は、日本には産まれづらいようだ。

 

 ソ連の専門家でもある筆者は、民族問題を巧みに操った一番の政治家はスターリンだという。グルジア出身でスラブ民族ではない彼は、ソ連のTOPに就いた後も「・・・スタン」国の線引きに、民族(というより言語か)の分布を使ったとある。またバルト三国へのロシア人の移民も、各国の事情に応じて人数や住み方を変えていた。三国を上手く支配するための、民族懐柔策だったわけだ。

 

        f:id:nicky-akira:20211011175616j:plain

 

 そして話はウクライナへ。今でこそ対立しているロシアとウクライナだが、ソ連時代にはロシア人かウクライナ人かの意識は、どちらの市民にもなかった。ただ言語は異なり、それがソ連邦崩壊で国境が大きな意味を持ち始めると、生活に影響が出てきた。その結果が内戦にまで及び、今も両国間には深い溝がある。

 

 母方に沖縄の血筋を持つ筆者は、沖縄問題の底辺には日本人と琉球人の「民族問題」があるという。太平洋戦争前から日本人は琉球を植民地扱いしていたが、琉球人はそれを感じてなかった。戦後の米国占領統治を経ても、日本人の意識も琉球人の意識も変わっていない。それが近年の「オール沖縄」に代表される、反日運動に繋がっていると筆者は言う。

 

 誇りある琉球人は「日帝支配」などとは思っていないが、それをいいことに、また民族問題に無知なゆえに日本人は、ある種の差別を琉球人にしているという。「琉球独立」には反対だという筆者ですが、日本人も目覚めなければと言っています。