新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

大物すぎるスパイの戦果

 ウォルフガング・ロッツはユダヤ系ドイツ人。少年時代にユダヤ人の母親に連れられてパレスチナの地に渡り、ナチスの迫害を逃れるだけでなく英軍に加わって北アフリカ戦線で戦った。といってもドイツ語の話せる彼は、もっぱらロンメル軍団の捕虜尋問にあたっていたようで、その経験がのちのエジプトでのスパイ活動の役に立っている。

 

 彼の「スパイのためのハンドブック」は、まだ30歳前のころ読み感動したものである。その中にあった「スパイの適格性テスト」で僕はとても高い点数をとったのだが、もちろん誰にも言わなかった。興味を持った人物だったが、ただ大物スパイと聞いてはいただけ。どのような活躍をしたのかは知らなかったので本人の回想録である本書を読みそれを確認できた。

 

       f:id:nicky-akira:20190415175728j:plain

 

 ロッツはドイツ貴族の末裔で富裕な馬の育種家としてカイロ入りし、ナセル政権下のエジプトの軍や警察の上層部と交友し貴重な情報をイスラエルに送り続けた。ドイツ語・ヘブライ語・英語はもとよりアラビア語まで不自由なく話せる彼の耳には、膨大な情報が入ってくる。プリンス・マルコもかくやと思われる大活躍である。

 

 偽装の方も秀逸で、大胆にも本名でドイツに戻り北アフリカロンメル軍団の将校だったという架空の経歴を身に着けてエジプトに入国している。スパイ活動中に経歴に関する疑義が出てくると、これを逆手にとって「実はユダヤ狩りのSS将校だったが隠している」というもうひとつの過去を周辺に信じさせるほどだ。

 

 彼はモサドに加わる前に2度離婚しているが、スパイ活動の初期に知り合ったドイツ人女性と恋に落ちて結婚した。驚いたのは会って間もない彼女に、モサドであることを打ち明けて求婚したこと。妻ウォルトロードは驚きながらも、正体が発覚するまで優雅に「共犯」を務めた。本書の中にある仮想パーティでの写真、クレオパトラに扮した妻が騎乗する馬の手綱を引くアントニー役のロッツの姿は、完全にエジプト上流社交界の花形だったことを表している。

 

 彼がイスラエルに送った情報は、ロッツ夫妻がスパイ容疑で逮捕され裁判で有罪となったのちの第三次中東戦争でのイスラエル軍大勝利につながる。本来絞首刑になってもいい罪だが、ナセルはドイツからの援助を期待してドイツの国籍もある夫婦を殺しはしなかった。俗に「六日間戦争」と呼ばれるこの戦いで、イスラエルはロッツ夫婦を含む10人のスパイや政治犯と交換する5,000人余の捕虜を得た。

 

 「モサドの星」と呼ばれた超大物スパイの抑え目の回想録、とても面白かった。何かの本で読んだのだが「スパイは紳士のお仕事」なのである。

現場指揮官の心得

 柘植久慶という作家は、多くの戦争/戦闘小説のほかにもビジネス書やサバイバル書を書いている。まだ30歳代だったころ、出会ったのがこの本。「戦場のサバイバル」という著作は、そのままウォーゲームでいう戦闘級の教本だが、本書は戦術級の教本でもある。主に示されるのは、4~12名程度の戦術部隊の指揮官もしくはもう少し大きな部隊の(ミニ作戦級の)活動を例に、指揮官とはどうあるべきかを描いたものである。

 

        f:id:nicky-akira:20190414223611p:plain

 
 作者はグリーンベレーの格闘技教官を経て、ベトナムの実戦で大尉として戦ったと言っている。そのころの経験を書いた、「赤の殿下を誘拐せよ」という物語を発表もしている。これはベトナム戦争当時隣国のラオスが、いろいろな形で北ベトナム勢力に関与し、これを嫌った米軍が特に共産思想にかぶれた殿下を誘拐もしくは暗殺しようとした史実を基にしている。
 
 作者は作戦立案から実行の中心人物として関与し、現地で誘拐は困難と考えて暗殺に目標を変更する決断をしている。後に、グリーンベレー唯一の日本人だという人物が現れ、作者を偽グリーンベレーと決めつけているものの、真実は読者にはわからないままである。それはともかく、本書をはじめとする諸作品で戦場の知恵や常識を(平和ボケの)日本人に日本語で紹介した功績は大きい。
 
 指揮官は気象・敵情・味方の戦力や弱点・援軍の布陣はもちろんの事、敵軍の指揮官や自軍の指揮官の性格を始めあらゆる情報を加味してミッション遂行にための想を練る。ただ「最初の銃声がしてからまで続く作戦はない」と言われるように、臨機応変に対応を考えなくてはならない。具体的なシチュエーションを示しながら、ビジネスの現場指揮官にも多くのサジェスチョンを与えてくれる本だった。
 
 僕は、これを新任管理職研修の折に持参した。総務部門から「自分の1冊を持って来い」と言われたからだ。30人弱の参加者が1冊づつ持ち寄り、研修期間中にお互いに読めるようにするのが目的だったらしい。さすがに、軍事教本を持ってきたのは僕だけ。大体はビジネス書や技術書を持ってきていた。
 
 今になって読み返しても、ビジネス上のルーチンでない冒険をする時には示唆に富んだ書である。僕は新技術開発・新事業開拓などばかりさせられていたから、この本のありがたみが良くわかります。

人生のリセットボタン

 僕は大学を選ぶにあたり、当時できたばかりの「Computer Science」学科に入り、IT屋として足掛け40年暮らしてきた。企業に入って最初の10年は技術で、次の10年はお金を回すことで、次の10年は社内の人脈を生かして、そして今は社外も含めた広めのネットワークを糧に生きている。そのように転進してきたのだが、社内の先輩のアドバイスもあったがこの人物の著書を読んだことも大きい。実際僕には及びもつかないダイナミックな転進をしている人だ。


        f:id:nicky-akira:20190414223224p:plain

 学部は、早稲田大学理工学部繊維工学科。繊維産業は当時の花形産業で、日米繊維摩擦を引き起こすほどの輸出・ドル箱業界だった。しかし彼は繊維産業に見切りをつけたのか、大学院は原子核工学を選ぶ。
 
 MIT留学を経て、博士号を持って日立製作所に入社する。ドクターがゴロゴロ居ると言われる同社だが、当然のように重要プロジェクトは担ったようだ。しかし2年程度で退社、マッキンゼーに入ってコンサルタント業に従事する。
 
 マッキンゼーでは日本支社長まで務めるが、著述活動が増え、20年ほどで退職。「平成維新の会」を設立して政治活動を始める。しかし1994年の東京都知事選挙に落選、続く1995年の参議院議員選挙にも敗れ直接政治にタッチすることはあきらめた。
 
 1994年の都知事選挙は、今にして思えば奇妙な選挙だった。世界都市博覧会を中止すると主張しただけで、選挙運動も何もしなかった青島幸男候補が当選。この時、ほぼすべての政党が支持した石原信雄元内閣官房副長官が敗れるという波乱があった。青島都知事世界都市博覧会中止以外の事は、実際何もせず石原慎太郎知事に後をゆだねる。今の都政の混乱も、このころからの歪みが起因しているように思う。
 
 都知事選挙で供託金没収の憂き目にあうほどの惨敗を喫した大前候補は、「大前研一敗戦記」を書いて政治からの決別を宣言する。この書の中で「時々人生のリセットボタンを押す」と書いてあったのが、僕の潜在意識に残った。繊維産業・原子力産業・コンサルタント業・政治への働きかけなど、自らのやるべきことを変える節目には、リセットボタンを押す勇気がいるのだと感じた。
 
 僕には、それほどの勇気も才能もない。しかし一気にリセットまではできなくても、10年ほどかけてゆっくり転進することならできると思った。彼の主張すべてを納得するわけではないが、生き方の指針をくれた人物であることは間違いありません。

マエストロの習作

 本書は1980年代のマンハッタン、レンタルビデオ店で働く20歳のパンクな女の子が100万ドルのお宝探しに島中を駆け巡る青春小説である。彼女はルームメイトと共にビルの屋上を不法占拠して暮らしている。映画好きで、それゆえにレンタルビデオ店で働いているのだが特にそれからの展望は持っていない。


        f:id:nicky-akira:20190414222829p:plain

 
 そんな彼女(通称ルーン)がビデオの回収に訪れると顧客は死体となっていたことから、事件が幕を開ける。不美人というわけではないが都会的でパンクなお姉さんなので、シンデレラというのは抵抗がある。原題の"Manhattan is My Beat" の方がずっと似合う内容である。また、帯にある「恋あり、夢あり、冒険あり。ポップに弾けるヒロインがNY狭しと大活躍」というのもあながちウソではない。
 
 しかし前半はやや冗長なストーリー展開、とても「大活躍」という風情ではない。どうして辛口の書評になるかというと、これが「どんでん返し職人」ジェフリー・ディーヴァーの作品だから。安楽椅子鑑識官リンカーン・ライムシリーズはもちろん、「獣たちの庭園」や短編集「ポーカー・レッスン」など圧倒的な筆力を見せつけるマエストロである彼も、以前はこのような作品を書いていたのかと、半分納得、半分驚きをもった。
 
 さすがに後半になると、どんでん返し職人の本領発揮で、最後の100ページは二転三転ならぬ三転四転する。本書は1988年の発表、デビュー作"VooDoo" (日本では出版されていない)に続く2作目らしい。リンカーン・ライムシリーズ第一作「ボーンコレクター」でネロ・ウルフ賞を取り、映画化もされてブレイクしたのが1997年。それにいたる、足掛け10年の習作期間の作品ということだろう。ディヴァーはルーンシリーズを3作で止め、次の主役探しをしている。
 
 ライムシリーズや「獣たちの庭園」と比べてどこが違うかというと、プロットそのものは同じくらい素晴らしい。ただヒロインの設定に無理があり、薄っぺらい印象が残る。それゆえ彼女の周りに出没する敵か味方か分からない登場人物も、紙芝居のように見えてしまうのだ。
 
 現在最強のミステリー・マエストロと思っている作者も、一朝一夕には為らなかったのだとほほえましく思いました。

トム・クランシーの真価

 トム・クランシーはデビュー作「レッドオクトーバーを追え」で北大西洋での潜水艦戦を描いて衝撃的な登場をした。ソ連の最新鋭戦略原潜が西側への亡命を図って行方をくらまし、ソ連海空軍がこれを必死に追うというストーリーだった。膨大な軍事知識がちりばめられていたが、実際のところ砲火が交えられた部分は少ない。戦闘以前の、欺瞞や謀略がその中心である。

 
 テクノスリラーとしての評価は大変高かったのだが、本当の戦争ヲタクたちにはフラストレーションのたまる展開で終わっていた。それを払拭したのが第二作「レッドストーム・ライジング」である。
 
 空戦、潜水艦戦はもちろん、空母戦闘群・空挺部隊・機甲部隊から果ては軍事衛星やこれを撃破する特殊戦闘機と核戦力以外の全てが登場する。これでヲタクたちは拍手喝采となったのだが、さて第三作はどうなるのだろうとも思ったはずだ。実質的に第三次世界大戦を書いてしまったわけだから、残るは全面核戦争から人類滅亡くらいしか考えられない。

        f:id:nicky-akira:20190414222441p:plain

 
 トム・クランシーと共著者であるゲーマー、ラリー・ボンドは第三作をどうするか、激論を交わしたのかもしれない。その結果が本書「愛国者のゲーム」である。ラリー・ボンドは、多少局地戦的になっても朝鮮半島なり、中東領域なりアフリカのある領域なりで徹底的な戦闘を描こうとしたのではないだろうか。戦略・作戦・戦術の全てを、より詳細に書き込むことができるだろう。
 
 それに対してトム・クランシーは、より切迫したサスペンスを書きたかったのだろうと思う。SFになってしまうかもしれない戦争ヲタク好きの世界よりは地に足の着いた物語にしようとしたのではないか。
 
 結果として、クランシーはボンドとたもとを分かったのだと思う。本書は第一作で主人公の一人であったジャック・ライアン一家を中心に据え、ホームドラマの要素も入れながら、テロの脅威を訴えている。
 
 銃器や近接戦闘に関する知識は相当なものだが、戦争テクノロジーの発露というほどではない。書評はクランシーは人間も書けることを示したとか、あえてハイテク兵器を登場させなかったと言っているが、それは間違っている。ボンドと共著する体制を維持できなかったゆえの、結果でしかないように思う。
 
  テーマはテロだが、面白いのは電気技術者のテロリストがウェスチングハウスの機器を見せて「俺はアメリカ15州を同時に停電させることもできる」と言うシーン。当時サイバーテロは無かったのだが、重要インフラ特に電力インフラへの攻撃を予感させるエピソードである。
 
 900ページ近い本書の中で、最後の100ページの迫力は相応にある。英国の皇太子(チャールズか?)夫妻をからめたクライマックスは面白い。第三作でトム・クランシーがゲーマーである共著者と別れて、彼本来の真価を発揮したのが本書だと思います。