新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

ドイツ作家の描く太平洋戦争

 作者のハンス=オットー・マイスナーは、ドイツ第三帝国の外交官。第二次欧州大戦が始まる1939年まで、東京で勤務した経験がある。帰国後は、対ソ連の東部戦線で機甲部隊の中尉として戦っている。そんな人が、独ソ戦を書くならともかく、太平洋戦争を書いたというのに驚いた。発表は1964年というから、ドイツが2つに分かれた冷戦の真っ最中である。

 
 日本海軍は1942年、ミッドウェー海戦と同時にアリューシャン攻略作戦を行った。アリューシャンに投入された「龍驤」「隼鷹」の2軽空母が、もしミッドウェイにいれば・・・というIF小説もあるように、兵力の分散をした愚策であると後年評価されている。

         f:id:nicky-akira:20190421133237p:plain

 
 それでもアリューシャン列島のアッツ島キスカ島を占領し、北方から日本本土への奇襲を防ぐという意味はあった。本書では米国の一部を占領したとの宣伝効果を狙ったものとあるが、これには賛同しがたい。
 
 しかし、形成が不利になった1943年になるとアッツ島は米軍に奪還され、キスカ島からは撤退することになり日本軍はアリューシャンの拠点を失った。ところが本書では1944年になっても日本軍がアッツ島を保持していて、3,000m級の滑走路を整備して4発重爆「敦賀」を配備してシアトル等の爆撃を狙うというシチュエーションになっている。
 
 もちろんそんな名前の航空機はないし、日本軍は飛行艇以外の4発機を実戦配備出来なかった。一番近いのは、6機ほどの試作に終わった重爆「深山」だろう。というわけでシチュエーションにリアリティはないのだが、日本軍の作戦や米軍の対応は十分納得できる。
 
 日本軍は「敦賀」の爆撃行にあたり、アラスカ上空の気象観測をするための小部隊を潜入させる。本書の主人公である日高大尉は、十種競技の銀メダリスト。自ら選んだ、通信兵・気象観測兵・近衛兵・猟師など11名でアラスカに降り立つ。
 
 米軍は毎日定時に観測される短い通信をキャッチ、日本軍部隊の存在を知る。これを駆逐する役目を負わされたのが、アラスカで動物保護の仕事をしているマックルイアという男。彼もアラスカに詳しい男を選抜して14名の偵察(スカウト)部隊を編成する。
 
 500ページのうちの3/5までの、日米両軍の極地での戦いは面白い。どちらもサバイバル技術に長けているので、相手を察知して奇襲したり、意表を突いた反撃をする。残り少ない弾薬を数えるシーンや、負傷兵を応急手当するシーン、零下40度の恐ろしさはリアルだ。お互いに兵力を減らした後半は、戦闘というよりは自然との闘いになる。日本軍の作戦のカギである通信兵がクマに襲われたりする。
 
 イヌイットの娘が日高大尉に救助されて以降は、特にサバイバル小説と化す。最後に、マックルイアのワナにおちて火にまかれそうになった日高大尉が、逆に火をつけて逃れるシーンはヤマトタケルの伝説を思い出させる。(失礼ながら)中途半端な日本知識がちりばめられていて、あきれたり吹きだしたりするのだが、同盟関係にあったドイツの外交官・軍人が、日本をどう見ていたかが感じられる。
 
 後半ダレるのだが、前半の面白さは出色の戦争小説である。ある意味、隠れた傑作かもしれません。

大公殿下自身の事件

 神聖ローマ帝国大公であり、リーツェン城の城主であるマルコ・リンゲ殿下は、城の修復・増築・庭園拡大などに多額の費用を必要としている。CIAの仕事を10万ドル単位で引き受けて、何度も命の危険を冒しながらようやく城が棲めるようになってきた。婚約者で、マルコのもうひとつの金食い虫であるアレクサンドラもご機嫌のようだ。

 
 ベトナムでのミッション(サイゴンサンライズ作戦)で少し多めの報酬を得て、余裕のできたマルコは城でのんびりしていた。このところ、カリブ海やインド洋、インドシナ半島、中東、アフリカ中部と都市名を聞いただけで汗の吹き出しそうなところで命を張ってきたのだが、オーストリアハンガリーの国境にあるリーツェンの城は現在零下10度を下回る冬を迎えている。

         f:id:nicky-akira:20190421132751p:plain

 
 いつものミッションでは、「金髪の男」とか「アメリカの手先」とか呼ばれているマルコだが、ここではれっきとした大公殿下である。しかし、そんな平和な時をぶち壊す事件が持ち上がった。
 
 ソ連KGBの大立者であるボリス・オコロフ大佐が西側への亡命を申し立て、手引きをした武器商人アドラー伯爵夫人とともにウィーンに逃げてきたのだ。彼女は伯爵夫人と称しているが、バリ島のミッション(バリ島の狂気)ではマルコと命のやり取りをしたほどの女で、大佐をどの情報機関に売る(!)かの入札会をもちかける。
 
 その入札会場に選ばれたのがリーツェン城で、マルコは否応なく事件に巻き込まれる。デビュー作の「イスタンブール潜水艦消失」で、マルコと知り合ったトルコ人の殺し屋エリコ・クリサンテムはリーツェン城の執事となっている。彼は今でも戦闘能力の高いマルコの部下である。
 
 いつものボディーガード、ミルトン・ブラベックとクリス・ジョーンズも「空母戦闘群の1/4ほどの火力」をもってリーツェン城の警護にやってくる。そんな中、緊迫した舞踏会が始まり、凶悪な登場人物がマルコを取り巻いて動き始める。
 
 本書を地元フランスのメディアが、ヴィリエの指折りの傑作と評したようだが、異論はない。いつもアレクサンドラとリーツェン城のことは想いながら、未開の国でヤクザな諜報員活動を強いられるマルコだが、大公殿下としての矜持をたもったまま自らの事件として、敵と対決する。
 
 実はオコロフ大佐の亡命は偽装で、目的は西側のある人物を誘拐することにあった。その脱出行に、こともあろうにアレクサンドラが巻き込まれ人質として連れ去られてしまう。怒ったマルコは、CIAが止めるのも聞かずクリサンテムとアドラー伯爵夫人を伴ってルーマニアに逃げたオコロフ大佐を追う。これはマルコ自身の事件になったわけだ。
 
 リーツェンの城がウィーンから数十キロのところにあり、マルコがホテルザッハーに呼び出されたり、リンク(旧市街の外周道路)を運転する姿が微笑ましい。未開の国で戸惑う彼でなく、地元で事件に巻き込まれてもっと戸惑うのがかわいそうでもあり、本来の姿なのかと感心もしてしまう。
 
 リーツェンの城の修復にもっとお金はかかるのでしょうが、オーストリアでくつろぐマルコ殿下は可愛いですね。

不良少女とおせっかい探偵

 名作といわれる「初秋」では、ボストンの私立探偵スペンサーはひよわで自立できない少年の心身を鍛え、一人前の男への入口へと誘った。本来の私立探偵としての依頼の範囲を越えた「おせっかい」な行動の顛末がつづられて、多くの読者の共感をよんだ。

 
 ロバート・B・パーカーが世に送り込んだスペンサーという私立探偵、朝鮮戦争に従軍しボクサー経験もあるタフガイなのだが、頻繁に警句や無駄口を叩き健康志向で料理も大好きという先輩格のハードボイルド探偵たちとはちょっと違うキャラ。独自の世界観やモラルを持っていて、理想主義と現実主義の微妙なマリアージュを見せる。

         f:id:nicky-akira:20190421132513p:plain

 
 そんなスペンサーが、今度は売春組織に捕らわれた不良少女の救出を依頼される。州の教育委員会など本来生徒・児童を守らなくてはいけない人たちに、少女買春の常習者がいるくらいの腐敗・乱行が背景にある。
 
 スペンサーや相棒のホーク、生徒のカウンセラーでもあるスペンサーの恋人スーザンらの前に立ちふさがるのは表面的には売春組織であるが、実際にはスペンサーが戦うのは不良少女たちの荒んだ心である。冷たい家庭に育ち、家に居づらくなって高校を中退し行方をくらましたエイプリルは、まだ未成年。ある日、ボストンの歓楽街でいかがわしい行為をしているところを父親に目撃される。
 
 両親からの連絡で、カウセラーのスーザンが紹介したのが少女を見つけ救出してくる役割のスペンサー。しかし父親は「あんなふしだらな女は娘と思わない」と言い、母親も煮え切らない。報酬1ドルで救出を引き受けたスペンサーは、同じように失踪している少女たちがいることをつきとめ、そのうちの一人が中年男性と暮らしている家を見つける。売春組織のゴリラ共と戦いながら、ホークと共にエイプリルを救出するのだが、エイプリルは家に帰ることを拒否する。
 
 売春窟に戻るのはもちろん嫌だが家にも戻れない少女が生きていけるようにするため、スペンサーは非倫理的だが現実的な提案をする。「初秋」と合わせて読むと、作者の問題を抱えた少年少女たちへの、ある意味厳しい目を感じることができます。

挑戦し続けるがゆえの女王

 アガサ・クリスティーのレギュラー探偵は、官憲ではない。ポアロはベルギー警察時代は官憲であったが、初登場した「スタイルズ荘の怪事件」(1920年)ですでに引退し私立探偵として活動している。ミス・マープルに至っては、官憲と関わったことすらない老婦人である。トミー&タッペンスは、民間勝手諜報員のようなもので、政府関係機関から依頼を受けることはあるが「正規雇用者」ではない。

 
 クリスティーの作品中では、官憲はもっぱら脇役、ときには無能者あつかいされてしまう。その例外的な存在が、本書含め5作品に登場するバトル警視。5作品と言ったが、その中には脇役で終わるものもあり事件解決のヒーローになるのは本書くらいのものかもしれない。それでも作品中バトル警視がエルキュール・ポアロを思い出すなどと独白し、ポアロの影が見え隠れする。

         f:id:nicky-akira:20190421124558p:plain

 それではなぜ本書の探偵役にバトル警視が選ばれたかというと、クリスティーが新しい挑戦をしたかったからだろう。作中、2度も出てくるフレーズがある。要約すると、推理小説は出発点が間違っている。殺人で始まるのが普通だが、実際には殺人は結果であって原因はそのずっと前から存在している。殺人というゼロ時間に向かって時間が集約してゆく、というもの。
 
 この考えが根底にあって、それに挑戦しようとしたのが本書。そのためには従来のパターン(殺人が起きてポアロが呼ばれ、過去を掘っくり返して犯人を突き止める)を崩す必要があり、レギュラー探偵を使いづらかったわけだ。
 
 富豪の未亡人の住む田舎町の豪邸に、休暇を過ごすために遺産相続人のスポーツマンがやってくる。しかも現在の妻と元妻を連れて。豪邸に集う親戚や友人たちもからんで、不穏な雰囲気が醸成されてくる。そんな中で起きる不審な死と殺人、しかしこれはまだゴールではなくゼロ時間はさらにその先に用意されていた。
 
 本書の発表は1944年、第二次世界大戦の真っ最中にもクリスティーは執筆にいそしんでいたわけだが、似たようなシチュエーションが「災厄の町」(1942年)にあったことを思い出した。架空の街ライツヴィルの名門ライト家で起きる陰惨な事件を描いたものだが、本書同様ライト家を不穏な雰囲気が包み込みそれが後半の殺人事件につながるストーリーだった。
 
 クリスティーがクイーンの「災厄の町」をどのように受け取ったかはわからないが、ミステリーのパターンである殺人で始まるストーリーを外してみたかったことは間違いはない。さてその結果だが、女王の挑戦には敬意を払いながらも僕はクイーンの方に軍配を挙げたい。ご興味ある向きには、読み比べてみることをお勧めしたいですね。

ワールドトレードセンター、1988

 一昨年グラウンド・ゼロに初めて行ってみて思ったことは、マンハッタン島の南部のこのあたりは世界一といってもいいマネーゲームの街だということ。たまたま会議の場所がアレクサンダー・ハミルトン(金融)博物館だったこともあるが、ウォール・ストリートが目の前でブロードウェイにほど近いこのエリアの空気がそれを感じさせた。


 9・11テロの舞台となったワールド・トレード・センターには、多くの金融機関が入っていた。米国の金融機関のバリエーションは多い。デリバティブやサブ・プライムなどの複雑な商品を扱い、想像を超える利益率を上げたと思えば、あっという間に消えたりする。
 
 そのような金融の栄華の時代を代表するこの建物を、武装勢力が占拠し大金を得ようとするテロ計画を描いたのが本書である。実際、本書発表の5年後イスラム・テロ集団が地下駐車場で強力な爆弾を爆発させている。
 
 さらにその8年後、旅客機が突っ込むという前例のないテロで2棟とも崩壊したのは周知の通りである。本書はそのような事態を予測したストーリーを、精密にリアリティを持って描いている。作者のゲイル・リバースはニュージーランド生まれの軍人。イギリスの特殊部隊SASにも所属し、本書を書いたころは傭兵商売の一環として対テロ業務をしていた。

         f:id:nicky-akira:20190421124206p:plain

 
 本書の主人公ティム・ベルは、SASの大尉。戦闘能力はピカイチだが、貴族出身を優遇するイギリス軍の体質にも飽きていたし、仲間を拷問したIRAテロリストを射殺したことでSASを追われる。
 
 彼はアメリカに渡り、ユダヤ嫌いの大富豪や右翼団体の指導者を利用して、ワールド・トレード・センターで行われるパーティをハイジャックするテロを企画する。原題の「Killing House」というのは戦闘訓練をする建物のことを言うのだが、ワールド・トレード・センターがそれになってしまうのだ。
 
 ベルがマンハッタンを下見したり、爆破の専門家や逃走の協力者を得てゆくプロセスが面白い。また右翼の親分(ドク・ホリディという名前!)から借りた40名のならず者を、12名の精鋭分隊に鍛え・絞り込むやり方がリアルだ。
 
 ターゲットはワールド・トレード・センターで年次総会を開いているユダヤ人の名士たち。ベルとその仲間たちは、パーティ会場やその付近に潜み、突入と同時にエレベーターや非常階段の爆弾・地雷を起動させる。ニューヨーク市警の爆発物処理班はクレイモア地雷やブービートラップでミンチにされてしまう。
 
 正義の味方か悪役かは別にして、元特殊部隊員を主人公にした戦闘物語としては、J・C・ポロックに次ぎ、アンディ・マクナブやクリス・ライアンの先輩格にあたる。以前一度読んでいるはずだが、J・C・ポロックらほどのインパクトを感じなかったのか、内容に全く記憶がない。今読み返してみると、J・C・ポロックらの諸作に決して劣らない迫力ある作品である。
 
 ただ、日本語の題目はいただけない。主人公のテロリスト、ティム・ベルは名誉ではなくカネのために戦ったのだから。また表紙のランボーもどきの戦士もイメージが違う。ベルとその仲間が使ったのはAR-15ではなくウジー短機関銃で、もっとスマートな姿だったはずなのに。