新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

シュトゥットガルトを食べる

 13あるドイツ連邦の州で南ドイツと言えば、一番有名なのはバイエルン州ミュンヘンを始め多くの観光地もあるが、ダイムラーシーメンスなどの重工業も盛んなところである。その西隣、バーデン・ヴュルテンベルグ州の州都がシュトゥットガルトであり、このあたりも工業が基幹産業である。

 

        f:id:nicky-akira:20190503085055p:plain

 
 僕はこの州のスイス国境の街コンスタンツで、やはり重工業の企業と一緒に仕事をした経験がある。だから、行ったことのないベルリンなどに比べて南ドイツには親近感がある。本書にあるように、ワインやビールはもちろん、ソーセージの作り方やジャガイモの食べ方まで北と南では全く違う。
 
 筆者の川口マーン恵美さんは、シュトゥットガルト在住25年。バイエルンからバーデン・ヴュルテンベルグ州にかけてを中心に、ドイツのいろいろな食について主婦目線でまとめたのが本書である。
 
 ブレッツェルというパン、白アスパラ、ボジョレー・ヌーボー、地ワイン、チーズ、肉料理、魚料理からコーヒー、ケーキに至るまで多くの食べ物/飲み物について記載されている。いくつかの料理については、その作り方も書いてある。ワインや蒸留酒についての記述が少ないのが、呑み助の僕にとっては残念だが、さすがにビールには1章設けてコメントしてくれている。
 
 ドイツ南部のビールは、贅沢に小麦を使ったものも多い。いわゆる「ヴァイツェン」である。恵美さんのおすすめは、ヘッフェヴァイツェン。濁りのある薄い茶色のビールで、独特の香りとコクがあるのが特徴。この他に、金色に近い薄い色のクリスタルと、ずっと濃いドンケルスヴァイツェンがあるのだが、本書には僕の好きなドンケルスの記述はない(残念)。ただクリスタルはヘッフェを漉したものだとあって、なるほどヘッフェはあの濁りがコクの基だったのねと理解した。
 
 加えて興味深かったのは、白ソーセージ。やはり南の特産で、贅沢に子牛肉を使うらしい。足が速い(傷みやすい)ので、お昼の鐘の音を聴く前に食べてしまえとの言い伝えがある。普通の豚肉のものと違って、皮は食べない。焼くような乱暴はせず、70~80度のお湯(沸騰厳禁)でゆっくり温めるのが美味しい食べ方。
 
 ビールもソーセージも、食べ物については南の方が贅沢ですね。・・・こんな話を読んでいたら、またドイツに遊びに行きたくなってしまいました。

まだ「のぞみ」がなかったころ

 「偽りの時間」改め「影の複合」でデビューした、アリバイ崩しの大家津村秀介の第二作が本書である。鮎川哲也「準急ながら」などに触発されて、公共交通機関を使ったアリバイトリックミステリーを書いたものの、デビュー作はあまり売れず。後に改題して復刊したところ売れたという話は以前紹介した。

 

        f:id:nicky-akira:20190429113104p:plain

 
 デビュー作が売れなかったからこそ第二作には力が入るもので、それが吉と出るか凶と出るかは執筆時点ではだれにも分からない。初志貫徹、作者は第二作でも新幹線を中心に据えたアリバイトリックで長編を仕立てた。
 
 新横浜駅付近のホテルで、午後男が毒殺される。部屋に入り直ぐ立ち去った黒いスーツの女が容疑者である。女はタクシーの運転手に「こだま269号に間に合うように」と言って、徒歩でも行ける新横浜駅に急がせた。やがて黒いスーツの女も毒殺死体となって三島駅付近の工事現場で発見される。死亡推定時刻はその日の夕刻。女は「こだま269号」で三島まで来て、そこで死んだものと思われる。
 
 新横浜のホテルを予約した病院の事務長、ホテルに泊まるはずだった出版社の営業課長、事務長の愛人と思われるジュエリー・ブティックの女社長が捜査線上に浮かぶが、いずれもにもアリバイがあった。また死んだ男が持っていた金属板は、金沢の金属加工会社から盗まれた「金地金」であることがわかる。石川県警と神奈川県警の合同捜査でほぼ容疑者は絞られるのだが、その人物には当日金沢駅からL特急しらざぎに乗り米原で「こだま258号」に乗っていたというアリバイがあった。
 
 まだ「のぞみ」はなく、「ひかり」「こだま」の2種類があるだけ。新富士掛川三河安城の各駅もない時代の東海道新幹線である。カギは新横浜~三島の各駅の構造である。新横浜駅のホームは上り下り各2本、小田原駅は上りホームと下りホームの間に通過の線路が2本、熱海駅には通過線路がなく上り下りが別ホームである。
 
 舞台となった三島駅は島式のホームに上り下りの列車が向かい合わせに停まり、通過線路はその外側を通る特殊な構造になっている。これは今も変わらない。作者は、こだまでこの駅に停車してひかり号の通過を待っている間にこのメイントリックを思いついたのだろう。
 
 冒頭の男がホテルで殺される経緯について関係者の証言は、とても信用できないものだ。いかにも作り物めいた感じなのだが、その違和感もアリバイ崩しの段階になると忘れて夢中になってしまう。前段の違和感と後段の興奮、本書についてはそのギャップも魅力なのかもしれません。

東シナ海、2017

 米中対立に台湾の来年の総統選挙もからんできて、東シナ海の緊張は緩むことはないのだが、世界の注目が集まるこの海域を舞台にした軍事スリラーをぽつりぽつり見かけるようになってきた。

 

 本書の発表は2015年、まだアメリカは安定しており中国は軍拡を続ける油断のならない国(これは今でも大体正しい)ながら、それを隠そうともしなかった頃である。中国が突如尖閣諸島(中国名では釣魚島)周辺の海底資源発掘を始めた、という設定で物語がスタートする。

        f:id:nicky-akira:20190429111849p:plain

 時に2017年5月、米軍は実際に安倍・トランプ会談でも確認したように、横須賀にいる空母戦闘群を派遣する準備にかかるのだが懸念がひとつあった。それは中国が開発し実戦配備したという、Wu-14誘導弾の存在である。この弾頭はマッハ10という驚異的な速度を持ち、これを撃退する手段はない。Wu-14一発で、非常に高価な航空母艦を葬ることができるという設定である。
 
 20世紀前半、国力とほぼ同義語だった「保有戦艦の質×量」という指標は、ソードフィッシュのタラント軍港空襲や、マレー沖海戦でイギリスの新鋭戦艦が沈んだことで崩れ去った。その後は、核兵器や潜水艦、航空母艦などが戦艦に替わって「指標」になってきたのだが、これらにもいつかはその座を降りる日がやってくる。特に空母戦闘群については、まともに運用できているのはアメリカしかない。ロシア・中国らも航空母艦のようなものを保有しているが戦力としては疑問符が付く。
 
 その航空母艦の時代が終わるなら、その可能性のひとつはここに揚げられた「超高速誘導弾」であろう。そういう興味深い導入で始まる本書だが、架空戦記小説としてはあまり評価できない。諜報戦の一部にみどころはあるが、戦闘そのものは意外性もなくあっけない。作者はひょっとすると「政治小説」を書いたのかもしれない。日米中3ヵ国とも国内の政治闘争がある。
 
 日本の右翼政治家やヤクザも出てきて、ゼロ戦カミカゼ特攻や政治闘争に敗れたハラキリなど、冗談で書いているのかと思うところすらある。まあこれらをアメリカの普通の知識人が持つ対日認識だと考えるなら、僕らにとっても良い教科書ではありますがね。

女王初期の習作

 ミステリーの女王アガサ・クリスティーも、デビュー間もない頃は自分のスタイルを見つけるために苦労をしていたようだ。僕としても、デビュー作「スタイルズ荘の怪事件」、第6作「アクロイド殺害事件」を除いては1920年代の諸作は(ミステリーとしては)評価できない。しかし、第8作「ブルートレイン殺人事件」でそのスタイルを確立するヒントをつかんだと思われたことは、以前紹介した。

 

        f:id:nicky-akira:20190429111118p:plain

 
 本書は「アクロイド殺害事件」に先だつ1925年、長編5作目として発表されたものである。冒険好きの青年アンソニー・ケイドが、南アフリカで友人に持ち掛けられた「イギリスに原稿を運んで1,000ポンドと引き換える」アルバイトを引き受けたことから物語が始まる。この原稿はバルカン半島の(架空の)王国ヘルツォスロバキアの宰相スティルプティッチ伯爵の回想録で、政変続く同国の混乱やそれに端を発する再度の世界大戦を引き起こすかもしれない暴露本である。
 
 これに同国で最近見つかった大油田の権益を争う英米の政界・財界の動きもからんで、複雑な情勢になっている。実際に後日起きた第二次世界大戦では、ナチスドイツの石油供給源になったルーマニアのプロイェシュティ油田を彷彿とさせる。
 
 イギリス社交界の大物ケータラム侯爵のチムニーズ荘には、ケイド青年含め上記の関係者が続々集まって来て、パーティの後ヘルツォスロバキアの王位継承者ミハイル大公が射殺体で発見される。イギリス政府にとっての重大事件ゆえ、スコットランドヤードからはやり手のバトル警視が派遣され、フランス人の宝石泥棒、フランスの官憲、アメリカの私立探偵、ユダヤ系と思しきイギリス財界の重鎮にイギリス社交界の人たちもからんだドタバタ劇が繰り広げられる。
 
 クリスティ女史は本当に「明るいスパイもの」が大好きで、天下国家の一大事に若い冒険好きの男女が立ち上がる(巻き込まれる?)話が一番書きたかったようだ。本書でも探偵役のバトル警視の影は薄く、実質的に事件を解決するのはケイド青年である。それでもこの事件は、ケイド君が公私ともにハッピーな状況になって終わり、彼をトミー&タペンスのようにレギュラー主人公には出来なかった。
 
 僕は、書き始めた時作者は彼をレギュラー化することを考えながら話の流れでそうできなかった、もしくはケイド君のキャラではレギュラーに出来ないと思ったかで、途中で話をドラマティックな方向に変えたのだと思う。女王もこの時点では、自らの道を模索していたのでしょう。

サラリーマン世界のミステリー

 作者の浅川純は、日立製作所の茨城にある事業所で調達部門の管理職だったが、18年勤めた会社を辞めて作家になった人である。当時のはやり言葉「脱サラ」を地で行った人で、その関係の著作も多い。ミステリーも好きだったようで「浮かぶ密室」(1988年)、「社内犯罪講座」(1990年)などのミステリーがある。本書もその中の一冊、作者のホームグラウンド水戸~日立エリアを舞台にした企業ミステリー(1990年発表)である。

        f:id:nicky-akira:20190429110423p:plain

 
 日立駅に近い相原産業からの受注を取るため、丸の内に本社のある三橋機械の鶴田営業部長がエンジニアの友平課長を伴って常磐線特急「スーパーひたち」に乗るところから、物語は始まる。受注合戦のライバル沢木鉄工の木元次長も同じ列車に乗っている。
 
 列車は当時最先端のハイテク車両、グリーン車ではFM放送をセレクトできる。コーヒーのサービスもあり、飛行機に近い感覚である。水戸、勝田、大甕と(日立製作所の事業所のある)各駅を過ぎて、日立駅に友平課長が降り立った時には列車から鶴田部長の姿は消えていた。
 
 当然のように受注は沢木鉄工に決まったのだが、2日経っても部長の足取りはつかめず誘拐だとしても身代金要求もない。三橋機械は、こういう時のために総務部の端っこで「飼っている」社内探偵の海老寺を調査にあたらせる。
 
 総務関係の一部の人しかそのミッションを知らない海老寺は、一見冴えない中年男。日がな仕事らしいことをしないので、OLにも馬鹿にされているが動きは素早い。関係者の聞き取りから現地調査まで、休日返上で動き回る。端々に出てくる、組織の論理や上司への配慮、大企業のサラリーマン生態が生々しい。
 
 木元次長はかつて三橋機械の営業マンで鶴田部長の部下だったことや、部長の意思で広島に転勤させられたことから転職したことなど、過去が明らかになってきたころ鶴田部長がひょっこり帰ってきた。しかし自宅で休んでいる最中に、過労からか発作を起こして亡くなってしまう。大の大人をどうやって昼間の列車から誘拐できたのか、鶴田部長の口からその答えを聴けなくなった海老寺は、大甕駅に乗り入れている私鉄「日立電鉄」の路線に目を付ける。
 
 作者が勤めていた日立製作所(現地ではニッセイと呼ばれている)は全く登場しないが、架空の会社(三橋機械・相原産業・沢木鉄工)にはそのテイストが与えられているように思う。ミステリーとしては底の浅さが目立つのだが、サラリーマン世界を表したミステリー仕立ての小説とすれば面白く感じられる。ミステリー好きだった作者も、これ以降明らかなミステリーは書かなかったようです。