新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

イスラエル建国前史、WWⅠ

 1988年発表の本書は、これまで「過去からの狙撃者」「パンドラ抹殺文書」など出色のスパイスリラーを紹介してきた、マイケル・バー=ゾウハーの歴史スパイもの。WWⅠ当時、パレスチナを含むアラビア半島全域はオスマン・トルコ帝国支配だった。パレスチナには多くのアラブ人と一握りのユダヤ人がいたが、いがみ合っていたわけではない。共にトルコの圧政と戦っていた。

 

 WWⅠも終わりに近づき、枢軸側の劣勢が見えてきた。トルコもエジプトからの英連邦軍の攻撃を支えきれず、シナイ半島から撤退してガザ~ベールシェバのラインで踏みとどまっている状態。シナイ半島を失った原因は、ユダヤ系の諜報組織(史実ではNILI)が防衛計画を探って英側に渡したから。

 

        

 

 トルコの司令官ムラドは苦境にあったが、ドイツの大物スパイであるトラウプ伯爵の助けでユダヤ系組織を一網打尽にする。組織のTOPであるルースは父親とともに捕らえられ、弟は殺されてしまう。死を覚悟した彼女だったが、父親の命を助けたければスパイとしてカイロに潜入せよとの伯爵の指示を、やむなく受け入れる。

 

 一方英連邦側も一枚岩ではない。ルースの恋人でユダヤ系ロシア人のサウルらは、英国軍にエルサレム占領作戦をさせようとする。一方英情報部のロレンス少佐はベドウィンを味方につけ、アラブ人の手でエルサレムを解放しようと考えている。ロレンスは、ベドウィンを指揮してムラドの軍隊を破り、アカバ港を手に入れる武勲も立てた。

 

 キリスト教徒がエルサレムを解放すれば、将来ユダヤ国家を建設する機会はある。しかしアラブ人にそれをやられたら、エルサレムは戻ってこない。サウルはロレンスの案をなんとか潰そうとし、同時にトルコが放った女スパイを追うことにする。彼はルース一家は皆殺しに遭ったと思っていて、ルースの仇と思ってルース自身を捕まえようとするのだ。英軍とベドウィン、どちらが主攻で陽動か?虚々実々の諜報戦が展開される。

 

 マタ・ハリレーニンなどは実名で登場。仮名(例:ルース・メンデルソンは実在のNILIのTOPサラ・アーロンソン)で登場の人物も多く、どこまでが史実かはわからない。しかし、イスラエル建国の前に、このような物語があった/あり得たことは、大変勉強になりました。

狙われたアップリンク社の宇宙開発

 1999年発表の本書は、トム・クランシー&マーティン・グリーンバーグの<剣>シリーズの第三作。軍事システム開発会社アップリンク社の私設部隊<剣>の名前の由来は、アレキサンダー大王がゴルディアスの結び目を剣で断ち切ったとする故事にちなんでいる。ちなみに同社のCEOの名前は、ロジャー・ゴーディアン。

 

 アップリンク社は宇宙開発も手掛けていて、今回はスペースシャトルの打ち上げにも関与していた。しかしケネディ宇宙センターからのシャトル打ち上げは、失敗に終わる。何者かが破壊工作をした可能性も捨てきれず調査が続くうち、今度はブラジルにある同社の宇宙ステーション(ISS)の開発製造拠点が攻撃を受けた。

 

 HAHO(*1)を使って敷地内に潜入してきた敵の練度が高く、警備責任者ティボドーらの奮戦で撃退はしたものの、複数の警備員に犠牲が出てティボドーも生死の境をさまよう。攻撃側はプロの傭兵だが、防衛側の<剣>のメンバーは警備ロボットなどのハイテク兵器を使って防戦する。このあたり20世紀の作品としては、SFに近いかもしれない。

 

        

 

 回復途上のティボドーと並んで<剣>の実働責任者として雇われたのが、元SEALsのリック。警官を辞めてウニ漁の漁師をしていたところをスカウトされるが、敵対する犯罪組織から暗殺されかかる。離れたところから電磁パルスを送って破壊工作をする犯罪組織との対決は、カザフスタンの地になる。

 

 ISSの開発運用は米露の協力で行われているのだが、犯罪組織はこの計画を利用して強大な力を得る作戦を実行しようとしていた。そのために邪魔になるのがアップリンク社と<剣>だった。

 

 カザフスタンでの戦闘シーンは、ブラジルでのそれを上回る迫力。オスプレイはじめ最新兵器が続々登場して、腕が立ち綿密な計略を練った傭兵部隊と正面衝突する。ただ、他のクランシーのシリーズほどの愛着は湧きませんね。アップリンク社そのものが、ちょっと現実離れしているような気がします。

 

*1:高高度降下高高度開傘という高度なパラシュート降下手法

インド生まれの女、50年の生涯

 1994年発表の本書は、先月デビュー作「警視の休暇」を紹介したデボラ・クロンビーの第二作。一人暮らしのエリート警視ダンカン・キンケイドと、シングルマザー巡査部長ジェマ・ジェイムズのコンビが主人公だ。

 

 ダンカンは小規模なアパートで、気ままな独り暮らし。それでも同じアパートの隣人たちとの交流はあり、1フロア下の階に住む50歳がらみの女性ジャスミンのことは気にかけていた。というのも彼女が末期がんで、寿命が尽きようとしていたからだ。慰めになればと彼女の好きな花を買って帰ったダンカンは、彼女を訪ねてきた友人メグと一緒に彼女の死体を発見する。

 

 メグは彼女から自殺を助けてくれと言われていて、昨日それをきっぱり断ったばかり。彼女もそれを受け入れたはずなのに・・・。ただダンカンの目には、ジャスミンの死は自殺ではないと映った。念のため司法解剖を頼むと、死体から大量のモルヒネが見つかる。また、彼女に多額の保険金が掛けられていたこともわかり、殺人の可能性も出てきた。

 

        

 

 アパートの住人や通いの看護婦、唯一の肉親である弟らに遺産や保険金の遺贈があり、誰もに容疑がある。手掛かりはジャスミンの過去にあると思われた。インドで生まれ、両親とも死に別れて苦難の道を歩んできたジャスミン。ダンカンはジェマの助けを借りて、ジャスミンが遺した膨大な日記を読み調査を始める。

 

 30年前の英国。医療関係者の過酷な労働環境や、高い住宅ローン金利などは現在と変わらない。頻繁にロンドンや周辺知育の地名・通り名などが出てくるが、土地勘がないので実感がわかないのが寂しい。

 

 前作ではあまり読者に知らされていなかった、ダンカンやジェマの私生活が紹介される。ジェマの息子トビーは2歳になるが手のかかる子供。彼女は捜査と子育ての両立に奮闘している。その上、別れた夫ロブは養育費を送ってこなくなってしまった。

 

 このシリーズ、重厚で面白いのですが、3~6冊目が手に入りません。方々で探してみることにします。

 

 

国内旅行のためのガイドブック

 今週ご紹介している「日本地図シリーズ」、最後はお城である。昨日の「大名の日本地図」にあったように、1~3万石クラスの小大名だと城は持てず陣屋が精々だった。それでも100位の藩は城持ちだったし、天領(幕府直轄地)にも城/城跡はある。本書では100の城を各2~4ページかけて紹介している。戦国時代後期に築かれたものが目立つが、江戸時代になってから完成もしくは改良されたものも少なくない。珍しいものとしては、幕末に対ロシア戦を想定して造られた松前城五稜郭がある。

 

 築城からは500年ほど経っているのが普通で、城が作られた時のままというのはごく少ない。一番凄いのは高知城(土佐山内家)、天守を始め本丸御殿や曲輪、櫓など本丸の全てが現存している。世界文化遺産に登録されている姫路城(酒井家)でも、一部曲輪などは失われている。ただ姫路城の規模は現在の数倍はあったようで、外郭のほとんどが市街地となってしまっている。

 

        

 

 お城といえば建造物はまず天守閣だが、取り上げられた100例の約半分は失われたか、もともと存在しない(*1)。天守閣が残存しているのはほんの数例だから、その他は模擬/復元天守である。

 

 ただ、天守閣以外にも見どころは多い。仮想敵の侵攻路を想定した備えをしたり、侵攻路そのものを制限するために、堀を掘ったり天然の崖や川、入江などを利用するのだ。戦闘用としての城の価値は、おおむねこういった縄張りによって決まる。敵兵力のキルゾーンをどこに置き、そこに敵兵を誘導するかが築城テクノクラートの腕の見せ所である。戦国の築城名人として藤堂高虎の名前が上がるが、彼の独創的な縄張りを歩いてみるのもいいだろう。

 

 本書は国内旅行をする際の、いいガイドブックとも言えます。特に僕のような旅行好きの戦争ヲタクにとってはバイブルのようなものです。大事に本棚に収めて、旅行に行く前の予習材料としましょう。

 

*1:例えば躑躅ケ崎館、五稜郭

全国280箇所の「地方政府」

 「日本地図シリーズ」第三弾は、幕末期の大名と藩に関するもの。著者の中嶋繁雄氏は歴史ノンフィクション作家。「廃藩置県」の前には、天領の他に全国に約280の藩が存在した。地方政府でもあったこの組織群について本書では、

 

・当主と明治政府での地位(公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵)

・石高、人口、家臣数

・城もちか否か

 

 を示し、当主の卒爾や徳川時代の内政(特に財政改革)や幕末期の行動について記している。徳川幕府は強大な外様大名は江戸から遠くに置き、近隣には譜代の比較的小さな大名を置いていた。それゆえに関東圏には数万石の小大名が多い。上記のデータから藩の運営にあたっての概算ができる。

 

・1万石あたりの人口は、約1万人(米作以外の産業の多寡によって倍程度にはなる)

・1万石あたりの家臣数は、約100人(家族を除く)

・1~3万石程度の小大名では、城は持てず「陣屋」どまり

 

        

 

 時代劇で剣豪が大名家の家臣を50人ばかりぶった切るシーンがあるが、小大名なら壊滅してしまうわけだ。あと領地の政治を明治新政府が任命する県知事に奪われてしまった藩主は、爵位をもらって貴族となった。その爵位にもいくつかの基準がありそうだ。

 

・公爵 水戸徳川家(35万石)島津家(73万石)毛利家(37万石)だけ。新政府樹立に功績大の雄藩ということ。

・侯爵 尾張徳川家(62万石)紀州徳川家(56万石)前田家(102万石)黒田家(52万石)などの雄藩。土佐山内家(22万石)が入っているのは、上記の功績大のゆえ。

・伯爵 伊達家(63万石)など、おおむね10万石以上の大大名。

・子爵 10万石以下の大名はほとんどこれ。会津藩は28万石だったが最後まで新政府に楯突いたので1階級ダウンされたようだ。

・男爵 1万石クラスばかりで非常に少ない

 

 徒歩や馬程度の機動力では、このくらいの規模がガバナンスできる単位だったのでしょう。今では47都道府県でも、小さすぎるという意見もあって「廃県置州」を唱える人もいますが。