新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

高度の水平飛行に入った女王

 1920年に「スタイルズ荘の怪事件」でデビューしたアガサ・クリスティ20年代は「明るいスパイもの」に欲があって本格ミステリーにいまいち身が入らない面もあった。しかし最初の夫と離婚し考古学者マックス・マーロワンと再婚してからは、私生活も安定し作風も落ち着いてきた。本書の発表は1933年、翌年には名作、「オリエント急行殺人事件」が出るなど、クリスティの長い黄金期が始まろうとしていた。本書の解説には「ミステリー作家は初期に名作が集まり」、本書もその一つだと言っているがこれには違和感がある。

 
 S・S・ヴァン・ダインがその典型で、自ら「6作以上のアイデアが一人の作家にあるとは思わない」と言っていたが、確かに全12作中の前半に名作が集まっている。ただヴァン・ダインは最初から完成された作家であり、クリスティのように初期のスパイもの指向の迷いの時期などはない。つまりクリスティは、「アクロイド殺害事件」など驚きの作品は出したものの、1930年以前は未完成の作家だったと言っていい。

       f:id:nicky-akira:20190505212313p:plain

 さて本書だが、50歳ほどの男爵エッジウェア卿の2人目の妻ジェーンは有名な女優。夫は邪悪だと妻は思い夫は妻の不貞を憎んでいて、二人は別居している。あけすけな性格のジェーンは、「タクシーで乗りつけて夫を殺す」と公言している。ポアロはジェーンから「離婚を承諾しない夫を説得してくれ」と依頼される。ポアロがエッジウェア卿を訪ねると「離婚は承知している。6ヵ月前に手紙でそう伝えた」との返事。しかしジェーンはそんな手紙は知らないという。
 
 そんな中、ジェーンと思しき女が卿を訪ねてきてその後に卿の刺殺死体が発見される。しかしジェーンには、複数の知人と夕食を共にしていたというアリバイがあった。ポワロは、以前見た新進女優カルロッタの真に迫ったジェーンの物まね芸を思い出す。ところがポアロがカルロッタを訪ねると、彼女も不審死していた。
 
 わたしことワトソン役のヘイスティングズ大尉は、本件をポアロの失敗譚だという。確かにポアロの捜査は、五里霧中でもがくジャップ警部を凌駕してはいるものの、犯人に一歩づつ先を越される。これを失敗と見るか、ポアロだから一歩遅れででもついていけたのだ(それほどの難事件だ)と見るかは読者次第である。
 
 1920年代の迷走期を終わり、クリスティは「高度の水平飛行」に入ります。年代順に読んでいるのですが、まだ一杯買ってありますから楽しみです。

壮大な架空戦記

 佐藤大輔という人はもともとゲームデザイナーだった。日本の短いシミュレーション・ウォーゲーム全盛期に、やりたい放題といえるくらい派手な作品を発表した「アドテクノス」の一員である。代表作は「Red Sun & Black Cross」のシリーズで、僕も続編である「Return to Europa」も「Escort Fleet」まで全部買ってプレイした。コマを切るだけでも大騒ぎだったし、並べるのも一苦労、サイコロ振る前に疲れ切ってしまったのだけれども。

        f:id:nicky-akira:20190414201519p:plain

 
 「Red Sun & Black Cross」は、第二次世界大戦で日米の参戦がなく、ソ連と英国本国がナチスドイツに降服してしまった架空世界を描いている。史実でもそうだったように、支配者がいなくなったエリアに「五族協和」を唱えた日本軍が進駐、史実よりずっと広い領域を確保する。
 
 皇国の版図はビルマ、インドを越えアフガニスタンにまで及んだ。そこで中東を制したドイツ軍と対峙することになる。今も微かに覚えているが、アフガニスタンの日本軍守備隊を蹴散らしたドイツの2個軍団がニューデリーから、ひとつはカラチを目指しひとつはボンベイから南下する。これを阻止するため日本軍の海空の戦力が出撃するが、ドイツの通商破壊戦(Uボートや独行戦艦)が展開されるというものだった。
 
 プレイアブルでなかった大型シミュレーションゲームという恐竜が衰退してゆくと、佐藤大輔は作家に転じた。最初は(失礼ながら)読むに堪えない文章だったが、「Red Sun & Black Cross」ものの10作目を越えた本書のあたりから、普通の作家になったと思う。本書は短編集で、表題となっている小篇は通商破壊戦艦「フリードリヒ大王」の主砲弾を浴びた戦艦「尾張」の修理に関するエピソードが紹介されている。
 
 「フリードリヒ」級は「ビスマルク」を上回る42センチ砲戦艦、「紀伊」級の「尾張」は51センチ砲6門の戦艦という設定になっている。海戦の経緯は不明だが、横山信義の説のように、速射可能な小口径砲(42センチ×8)は、大口径砲(51センチ×6)に勝ったということだろう。「Red Sun & Black Cross」の発売は1985年、ゲームは若く、僕もまた若かったころを思い出しました。

ミステリ作家への指南書

 高校生の頃、本気でミステリー作家になろうとしていた僕は、普通の小説のほかにも関係しそうなものを乱読した。人はどうやったら死ぬのか、気を失うのかといった医学関係のもの、犯罪を犯しても罪を免れたり、軽く済ませる法律関係のもの、銃器や爆発物の作り方、使い方、威力など軍事関係のもの。

 
 いまから考えればどれも入門書の域を出ていなかったのだが、まじめな高校生にとっては重要な教本。大事にして繰り返し読んでいた。それとはちょっと違うのだが、本書も非常に役に立った指南書である。佐野洋は「一本の鉛」で1959年にデビュー、新聞記者だった経験も生かした幅広い作風のミステリー作品を残した、特に、野球の世界を背景にしたものが多かった印象がある。
 
 膨大な長短編に加えて、僕が特に愛読したのが評論/エッセイである。「推理日記」は、双葉社の雑誌「小説推理」の創刊(1973年)に伴い、短い評論を連載し続けた。それをある程度の単位でまとめたのがこのシリーズで、2012年の「推理日記FINAL」にいたるまで12冊が発行されている。

        f:id:nicky-akira:20190504142717p:plain

 連載エッセイゆえ、江戸川乱歩賞候補作の評論などその時期の話題が多いが、読んでみると普遍的なサジェスチョンを得ることができる。それはミステリを書こうと思ったら、こういうことに気をつけなさいと教えてくれる。特に本格ミステリは作者と読者の知的対決の面が重要なので、作者が読者をだますなどアンフェアなことをしてはいけないと作者は繰り返し言う。
 
 意図的なだましでなくても、作者のミスによって結果として読者をだましてもいけないから、極力ミスをしないように注意を払えと教えられた。例えば、
 
 ・被害者の身辺を調査している刑事が「××署捜査一課刑事」との名刺を出した。
  ⇒ 刑事というのは通称で公式文書に出るはずがない。よってこいつはニセ刑事。
  ⇒ 犯人の一味だろうと、読者は考えてしまうかもしれない。
 
 また、特殊な事情がない限り、実在する人物、企業、団体、建物あるいは場所まで実名を使ってはいけないということも書いてあった。作者の先輩後輩も含めて多くの作家のひととなりや、クセ、考え方なども勉強になって、いよいよ作家修行するぞとの思いを高めてくれたのが本書。読み返してみて、とても懐かしかったです。

ロシアの「オプ・センター」

 トム・クランシー精神科医であるスティーブ・ピチェニックと共著した「オプ・センター」シリーズ、第六作の「国連制圧」が割と面白かったので、さかのぼって第二作である本書を読んでみた。

 

 国際紛争の中で緊急事態を察知するハイテク情報網を持ち、強制排除能力があるストライカー部隊を傘下に収める「オプ・センター」は、米国の独立情報機関である。第一作から長官を務めているポール・フッドは、子煩悩な父親でもある。本書でも愛妻シャロンと子供たちを連れて西海岸で休暇中だったのだが、ロシア情勢の急変で休暇を切り上げる羽目になってしまう。第六作でフッドが長官職を辞すと言い出すのも、このあたりに伏線があるようだ。

 

 本書では、「オプ・センター」のライバルとして「ロシア作戦センター」とオロコフ指揮官が登場する。同様のニーズから生まれたこの組織、サンクトペテルブルグで活動を始めて早々この街でスパイ活動をしていた3人の西側のアセットを見つけ、2人を殺し最後の一人も拘束して裏切りを迫る。

 

        f:id:nicky-akira:20191108062724j:plain

 

 ところがオロコフ指揮官のチームは、それ以外に国内の不穏な動きもつかんでいた。実は大統領選挙に敗れた内務大臣がクーデターを企画していて、そのきっかけとしてウクライナポーランドで反政府暴動を扇動し軍事行動に出ようとしていたのだ。

 

 内務大臣側は、ロシアマフィアから調達した暴動扇動のための大量のドル紙幣をウクライナに運ぼうとしていたのだが、悪天候と事故でウラジオストックに降ろさざるを得なくなる。ウラジオから鉄道に積み替えて運ぼうとするのを、作戦センターが探知したのだ。フッドのチームもこれを探知、ドル紙幣を摘んだ列車を襲撃するためストライカーチームをヘルシンキに送り込む。

 

 ストライカーチームは、捕獲したイリューシン76を使ってシベリアに向かう。表紙の絵は、そのイリューシンを怪しんだロシア側が戦闘機で追い詰めるシーンである。一方内務大臣側もウラジオのスペッツナズ1個分隊を指揮下に置き、列車に乗せてこれを守ろうとする。

 

 このシリーズ、冷戦後の国家紛争をテーマにしているせいか、ドンパチはほとんどない。緊張が徐々に高まっていくのだが、「大山鳴動・・・ネズミ一匹」になることが多い。時代を意識すればしかたないのかもしれませんが、ちょっとフラストレーションがたまります。本書はやや期待外れでした。

悪魔のように頑固な娘

 ミステリーの女王アガサ・クリスティは、最初の結婚に失敗した後14歳年下の考古学者マックス・マーロワンと結婚し安定した生活を取り戻した。それが1930年のことだから、ミステリー界の「黄金の1930年代」に間に合ったと言うべきかもしれない。このころから、クリスティ(離婚・再婚後も、最初の夫アーチボルト・クリスティの姓を使っている)の作品の円熟味が増した。

 
 1932年発表の本書もそんな一冊、引退を宣言してしきりに自らの高齢なことをなげくポアロが、南海岸の保養地で事件に巻き込まれる。ポアロヘイスティングス大尉が滞在するホテルに近い海岸に建つ古びた館がエンド・ハウス。かつての富豪バックリー家のものだが、今は落ちぶれて末裔のニック・バックリー嬢がひとりで済んでいるだけ。

       f:id:nicky-akira:20190506063720p:plain

 ところがある日から、彼女の周りで不信な事故が頻発する。重い額縁がベッドに落ちてきたり、岸壁の上から岩が落とされたり、車のブレーキに細工されていたりする。そして彼女がポアロと話している最中に、モーゼル拳銃で狙撃され帽子に弾痕が残った。ポアロは引退を返上、彼女を守ることを誓う。
 
 例によって鼻持ちならないポアロの自慢が連発され、「ポアロの名前を知らない人など誰もいない」などとおっしゃる。しかしそれ以上に印象深いのが、ニックの頑固さ。自分が狙われていることを全く納得しない。どれだけ説明しても理解しないニックに、「悪魔のように頑固だ」とポアロが評する。
 
 ニックは愛称で本名はマグダラ・バックリー、彼女によると祖父がつけた「Nick」という愛称は子供のころから頑固だったかららしい。「Nick」には悪魔の意味があると注にあるが、エラリー・クイーンが相棒ニッキー・ポーターを誕生させたときも、「Nicky」には邪悪の意味があるから綴りは「Nikki」だというくだりがあった。
 
 それでもようやくニックはポアロの進言の一部を受け入れ、身辺に気を付けること、いつも一緒にいてくれる人を置くことを承知する。呼ばれたのは、従妹にあたるマギー・バックリー。目立つ美女であるニックに比べると地味な娘だが、背格好はよく似ている。そして花火の夜、その音に紛れて再びモーゼル拳銃が発射されたが、その犠牲者はニックではなくマギーだった。現場にいたポワロは、「失敗だ」と叫び自らを責める。
 
 解説にあるのだが、全編がトリックのようなミステリーだという印象は同じである。「アクロイド殺害事件」や「オリエント急行の殺人」にも見られるこの大技を、クリスティは時々使う。面白く読んだ、ヒネた読者の中には作者の意図を(ポアロより早く)見抜く人もいたはずだ。それにしてもポアロは引退、引退と騒いでいますが、1972年発表の「象は忘れない」までポアロは探偵役を続けます。相当な長生きですよね。