新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

プロたちの「Private War」

 本書(2000年発表)は先月「トロイの馬」を紹介した、J・C・ポロックのアクション小説。レギュラー主人公を持たない作品集だから、本書の主人公は元デルタフォース隊員のベン・スタフォード。例によってふんだんに戦闘シーンや軍用兵器が登場する。これまではソ連など敵性国家が相手だったが、本書では米国の「獅子身中の虫」が敵役である。

 

 イラクなどで闘い今は賞金稼ぎをして暮らすベンは、久々の休暇を米国国境近くのカナダの山岳・湖沼地帯でキャンプをして過ごしていた。相棒は元戦友のエド。ところが明日帰国という日、彼らの目前でプライベートジェットが墜落した。生存者はなくベンは3つのバッグの中に2,000万ドルの大金を見つける。ベンには退院のメドが立たない娘がいて、エドは借金まみれ。付近には誰もおらず、二人は迷いながらもネコババを決め込む。

 

 しかし、遠く衛星からCIAが二人の様子を見ていた。実はこのカネは、CIA幹部が作ったニセ札で麻薬組織でロンダリングすることで裏工作費用にしたり、私腹を肥やしていたものだ。CIAは難なく二人の身元を調べ、各々3名づつの殺し屋を送ってカネを取り返し口をふさごうとする。ベンは3人を返り討ちにするが、エドは殺されてしまった。しかしそこにエドの妹ジャネットが駆け付け、一人の殺し屋を射殺する。ベンとジャネットはエドの復讐を誓うのだが、CIAの殺し屋は何度も襲ってくる。

 

        f:id:nicky-akira:20200811200233j:plain

 

 元デルタのベンはともかく、DEA(麻薬取締局)の潜入捜査員だったというジャネットの戦闘力もすさまじい。世界中で計算すると、食料を買うカネより麻薬を買うカネの方が多いとの言葉もあり、麻薬組織との闘いは日本では想像できないほど過酷なもの。ジャネットは、NCISのジヴァ捜査官並みの射撃・格闘・拷問・変装術を持っている。

 

 二人は、CAR-15や戦闘ショットガンを持って山荘に籠る。CIAの暗殺部隊はAK-47にクレイモア地雷、スティンガーまで持ち出して迫る。CIAの陰謀に気づいたシークレットサービスはM-16装備の戦闘部隊を送ってくる・・・。

 

 ポロックの描くヒーロー(&ヒロイン)はほとんどが「私兵」、組織のためでなく自らの怒りや復讐心で闘う。解説によれば愛国心・忠誠心などが薄れ、軍隊というピラミッドが崩れ始めているらしい。本書はポロックの最高傑作と思います。もう書棚に未読作品が残っていないのが残念です。

二つのコンドミニアム

 ABC・・・順にタイトルを付けていった、スー・グラフトンの第二作が本書。デビュー作から3年を経た、1985年の発表である。主人公は、南カリフォルニアの架空の街サンタ・テレサに住む女私立探偵キンジー・ミルホーン、32歳。健康に気づかいジョギングなどに余念がないものの、抜群の拳銃の腕も東洋の体術も持ち合わせてはいない。

 

 警察学校で受けた教育と、数年この街でひとりで経験した事件捜査の感くらいしか、彼女の取柄といえるものはない。そんな彼女のもとには、いろいろ風変わりな依頼人がやってくる。今回は、半年ほど連絡が取れない姉を探してくれと言う依頼。姉のエレインは、カリフォルニアのコンドミニアムに住んでいて、フロリダにあるもうひとつのコンドミニアムで半年を過ごすという優雅な日々を送っている。

 

        f:id:nicky-akira:20190925212231j:plain

 

 生活に困らない資産を持つ彼女だが、決して社交的ではない。両方の住まいの付近にときおりブリッジをする女友達がいるだけだ。半年前、数少ないカリフォルニアの女友達が殺され、ガソリンをかけられて焼かれた翌日、彼女はフロリダに旅立ち消息を絶った。フロリダの住まいにはエレインの友達を名乗る女が居座っていて、エレインは到着早々どこかに行ってしまったという。

 

 何度か二つのコンドミニアムを往復して、聞き込みや部屋の調査をするキンジーに、多くの高齢者が力を貸してくれる。クロスワード作りの達人ヘンリーは、キンジーの大家として、エレインのフロリダの友人ジュリアはキンジーの替わりに見張りまでする。

 

 確かに貧しい人もいるものの、中産階級が十分豊かだった時代のアメリカの田舎町の生態がリアルである。麻薬を扱うアルバイトをしている高校生や、DVをふるう酔いどれ女なども出てくるが、近年の絶望的な暗黒街を描くロバート・B・パーカーの諸作などとは一線を画する。

 

 魅力的ではあるがスーパースターではなく、悩み・怯え・嘘もつく生身の女探偵キンジーが追うのは、普通の市井の事件だ。作り物としてのミステリーではない物語の中に、本格の謎解きを融合させたのがこのシリーズの特徴と思う。本書はアメリカ私立探偵作家クラブ賞などを受賞した、ある意味作者の代表作でした。

チャーチル誘拐作戦、1943

 本書は、恐らくはジャック・ヒギンズ最高の傑作と思われる。1975年に出版された後、削除されていたエピソードを加えて1982年に再版されている。本書は再版版の翻訳である。空挺部隊第二次世界大戦で登場した新しい兵種、敵陣深く侵攻でき軽装備ながら厳しい訓練で高い戦闘力を誇る。反面敵中に孤立しやすく、敗れた場合は全滅も覚悟しなくてはいけない。その光と影は、先日見た映画「The Bridge Too Far」に明示されていた。

 

 1943年イタリアが連合国に降伏し、枢軸軍の旗色は悪くなっていた。しかしヒトラーは、盟友ムッソリーニを空挺奇襲部隊で幽閉場所から奪還するという作戦の成功に狂喜した。そして口走ったのが「チャーチルを同様に誘拐できないか」という言葉。ヒムラーやカナリス提督も本気にしなかったが、「やっているふり」はしようと検討を始めたところ、ひとつのチャンスが見えてきた。

 

        f:id:nicky-akira:20200831203239j:plain

 

 カナリスのスパイ網が、チャーチルがある週末ノーフォーク沿岸の寒村に泊まることを知らせてきたのだ。誘拐作戦実行のために集められたのは、

 

・歴戦の空挺指揮官だが、ナチスに反抗的なので懲罰部隊にいるシュタイナ中佐

・中佐に忠誠を誓って、命がけの任務に就いている20人ほどの空挺隊員

アメリカ空軍から拿捕したダコタ輸送機

・イギリス空挺師団の制服、兵器(ステンガン!)、パラシュート等

・ドイツにいたIRAの闘士デブリンと自由イギリス軍のプレストン少尉

 

 などである。シュタイナ中佐はドイツ軍人の父とアメリカ人の母を持ち、ロンドンで大学時代まで過ごしている。英語が不自由な兵士も多いが、ポーランド人空挺隊(上記映画ではジーン・ハックマンが指揮官の旅団が登場する)と偽って潜入する。

 

 600ページ近い大作だが、ナチスの内部腐敗や幹部の相克、イギリスと言う国の多民族性とある種の閉鎖性、シュタイナ空挺隊の絆などなど見どころは盛りだくさんで飽きさせない。英独のパラシュートの構造上の違いや安っぽい兵器と思われたステンガン(短機関銃)の意外な強みなど、マニアックな知識も散りばめられている。

 

 ち密な情報収集と準備、デブリンやシュタイナ隊の果敢な行動があって、誘拐作戦は成功一歩手前まで行くのだが・・・。恐らく35年ほど前に読んだ時は「完全版」ではなかったはず。改めて読み直してみて、傑作であることを再認識しました。

極北の9人の囚人

 以前映画「コブラ」の原作となったアクション小説「逃げるアヒル」を紹介した、ポーラ・ゴズリングの第二作が本書。決まった主人公やある種のパターンを持たない作家と言われているが、本書は思い切った舞台設定をしたエスピオナージ風のミステリーと言えるだろう。

 

 中東からロンドンに向かう貨客機には、9人の乗客が乗っていた。男やもめの天文学者スキナー教授、英国陸軍の将軍の娘ローラ、土木技師夫妻とその幼い息子、大使館付の軍曹、移送される殺人容疑者と移送を担当する警官、クラブ歌手の女である。

 

 ところが離陸早々、機内に催眠ガスが流され乗客たちは意識を失ってしまう。ガスに加えて催眠剤を注射された9人が目覚めると、そこは極北の1軒屋の中だった。室内に水も食料も燃料などもあるのだが、防寒着などはなく外に出たら30分と生きていられない。9人は事実上の囚人になってしまった。

 

        f:id:nicky-akira:20200206205917j:plain

 

 一方ローラの父エインズリー将軍や英国政府のもとには、9人を誘拐した犯人か脅迫が届く、9人は保護されているが6週間以内に要求が容れられなければ命はないという。要求は金塊、強盗犯の釈放、世界的指揮者のコンサート開催と脈絡がない。加えてNATOで計画しているラップランドでのレーダー基地建設中止がある。

 

 囚人たちは、太陽黒点の専門家で極地での観測経験のあるスキナー教授を中心に脱出計画を練る。まずここがどこか(緯度・経度)を知り、何日かに一度囚人の生存確認写真を撮りに来る誘拐犯の目を盗んで、拉致された場所を政府・官憲に伝える手段を考える。

 

 スキナー教授はローラが毛布などを縫い合わせた手製の防寒着を着て、ありあわせの道具で屋外に出て天測をする。そして犯人が撮る写真の中に、その数値を埋め込むのだ。しかしそんな努力の中で、土木技師の妻が殺されてしまう。殺人犯は残った8人の中にいるのだ。

 

 手の込んだ誘拐劇、犯人の奇妙な要求、9人の乗客間の猜疑心、焦る将軍や官憲、さらに自然の猛威が「囚人」たちに迫る。面白いのは、ヒーローたる教授もヒロインたる娘ローラも決して美男美女ではないこと。等身大の2人が、これらの危機に立ち向かっていく。

 

 「逃げるアヒル」を読んで、女流アクション作家としては中途半端とコメントしたのですが、本書は謎解き・冒険・アクション・ロマンスが適切に混じった秀作です。まだ数冊買ってありますから、読むのを楽しみにしていますよ。

ホークという男

 2005年発表の本書は、ロバート・B・パーカーのスペンサーものの32作目。1973年「ゴッドウルフの行方」でデビューしたボストンのちょっとヤクザな私立探偵の活躍も、30年以上に渡っている。恋人スーザンに去られてしまったり、灰色の男(Gray Man)に撃たれて瀕死の重傷を負ったこともあるが、愛犬パールやスーザンと贅沢ではないが優雅な日々を送っている。

 

 撃たれたスペンサーを助けたのが、相棒の屈強な黒人ガンマンであるホーク。本書は不死身の男だったホークが、背中を3発撃たれて瀕死の重傷を負ったところから始まる。ボストンの黒人ギャング組織の縄張りにウクライナ人の暴力集団が入り込んできて、ホークはその抗争に巻き込まれたのだ。

 

 徐々に回復するホークはウクライナ人たちへの復讐を誓うが、スペンサーが調べたところ単純な縄張り争いではないことが分かる。ボストン近郊の街マーシュボートにウクライナ人の大きな組織があり、市長も一枚噛んでいるようだ。黒人ギャングの資金源であるカジノと大麻にも、ウクライナ組織の手が伸びている。

 

        f:id:nicky-akira:20200417191953j:plain

 

 ホークとスペンサーはウクライナ人組織をまとめて叩き潰すため、黒人ギャングの幹部レナードとガンマン仲間のモリスに加えウクライナ語の話せる男を探す。やってきたのはかつてスペンサーを撃った男だった。

 

 本書ではいつも冷静沈着、Machineのような凄腕ガンマンであるホークの、過去や内面も語られる。スペンサーはホークの恋人である外科医セシルに「彼は愛のない環境で育った。人を愛することをしらない」と言う。ホークの挙動はマイロン・ボライターの相棒ウィンを思わせる。ホークは黒人の大男で貧民街育ち、ウィンは白人の大富豪で中背やせ型とタイプは違うが、共に眉一つ動かさず目の前の相手を射殺できる。

 

 スペンサーものは米国でTVドラマや映画化されたこともあるらしい。TVドラマからはスピンアウトで「ホークという男」というTVドラマも13話制作されABC-TVで放映された。「相棒」からスピンアウトした「米沢守の事件簿」のようなものである。

 

 アフガニスタン経由の大麻密輸ルートや市庁舎全部を仕切ってしまうウクライナ人組織など大きな仕掛けがあるわりには、解決はあっさりしている。ホークも、抗争で両親と兄を失った幼子の仮親になって事件の幕を引く。さてホークの愛ある家庭はできるのでしょうか?