新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

ムルマンスク・コンボイの悲劇

 本書(1955年発表)は、以前「荒鷲の要塞」「金門橋」を紹介した冒険小説の大家アリステア・マクリーンのデビュー作である。舞台は北緯70度近辺の北極圏、何もかもが凍り付く厳寒の海だ。なぜこんなところで戦闘が発生するかと言うと、1943年の時点では欧州大陸の大半は独伊枢軸の占領下にあり、ソ連への支援が米英連合国の必須条件だったから。ソ連は支援物資なくしてはドイツ軍に抵抗できないし、そのルートは北極圏の港ムルマンスクへの海輸が中心だったから。

 

 正面切って米英海軍と渡り合えないドイツ海軍でも、抵抗力の弱い輸送船なら容易に沈められる。このため輸送船団に護衛艦隊を付けるのだが、ノルウェー沿岸を占領しているドイツは、Uボートや雷爆撃機を繰り出すし、通商破壊用の重巡や戦艦も持っていた。現実に戦艦ティルピッツ出撃の誤報を信じたPQ17という船団は、各個バラバラに逃走したため甚大な被害を受けている。

 

 作者の描く船団FR77は30隻ほどの輸送船(燃料・戦車などの軍事物資・食料等積載)で、4隻の護衛空母(恐らく商船改造で搭載30機ほど)と2隻の巡洋艦と9隻の駆逐艦フリゲート艦から成る第14空母戦隊が護衛の任にあたっている。

 

        f:id:nicky-akira:20210405152503j:plain

 

 戦隊旗艦が本書の主人公、軽巡洋艦ユリシーズ」号である。排水量5,500トン、5.25インチ連装両用砲4基、ポムポム砲3基、エリコン対空機銃のほか3連装魚雷発射管2基も持つ。最新のレーダーや聴音機を備え、最高速力は40ノットに迫る高速艦だ。

 

 しかし護衛空母艦隊指揮艦は少なく「ユリシーズ」は酷使され続けている。700名を越える乗員は疲弊しきり、命令不服従も起きるほどだ。しかし司令官スター提督は冷酷にもFR77船団護衛の任務を与える。戦隊司令ティンドル少将を乗せた「ユリシーズ」は、病の重いヴァレリー艦長の指揮下出港する。

 

 Uボートやコンドル/シュツーカ爆撃機が襲ってきて護衛空母は次々に離脱、「ユリシーズ」でも死傷者が続出する。しかし本当の敵は寒さ、見張り員の兵士もティンドル少将も凍傷で死亡する。そして隻数を1/4ほどに減らした船団に、ヒッパー級重巡が襲い掛かった。

 

 戦闘小説でありながら、ほとんどのページは船内のありさまを描くことに使われています。疲弊し悲惨な死を遂げる乗組員たち、その不屈の闘志はまさに「女王陛下の軍艦(HMS)」の名にふさわしいものでした。

日本発の国際謀略小説

 シミュレーション・ウォーゲームの中には戦争・戦闘だけでなく、国際謀略(外交ともいう)をテーマにしたものもあった。この種のゲームを漁っていた30歳前後、必然的に国際謀略小説(含むノンフィクション)も読むようになっていた。なかなか日本人作家でリアルなものが書けない分野だが、国際ジャーナリスト落合信彦の作品は面白いと思っていた。「決定版2039年の真実」や「ただ栄光のためでなく」、「モサド、その真実」などは記憶に残っている。

 

 もう本棚には何も残っていないのだが、ある日見つけたのが本書(1999年発表)。イラククウェート侵攻、東西ドイツの統一、ソ連邦解体などの大きな事件のあった1990年に、日本人投資家が米国を動かす陰の勢力「セイクレッド・ウォリアーズ」を相手取った闘いを繰り広げる物語である。

 

 元大手商社マンだった城島は、ロシアマフィアらと組んで「ベルリンの壁崩壊」を演出して得た資金で独立、虎ノ門に投資会社を設立する。社員はわずか3名だが、世界の事情に通じたプロフェッショナル揃いだ。ソ連・ドイツなどにも気脈の通じた連中がいる。彼が今注目しているのはソ連と中東、ソ連ゴルバチョフの改革が行き詰まり崩壊寸前、中東ではイラクサダム・フセインが怪しい動きをしている。

 

        f:id:nicky-akira:20210512185528j:plain

 

 しかし城島の見立てでは、ソ連に援助を送りながら借金漬けにして解体を図っているのも、イランとの闘いが終わって用済みになったサダムを始末するため暴発させようとしているのも米国の陰の勢力だ。米軍の装備は15年ほどで更新される。更新にあたっては実験場が必要で、この勢力はヴェトナム戦争などを創り上げて実験場を提供してきた。ヴェトナム戦争が終わって15年、そろそろ次の戦争をしなくてはいけない。そこで選ばれたのがサダムというわけ。

 

 この勢力の動きを読んだ城島は、東西ドイツ統一時の両マルクのれーとや闇ルーブルの為替価値などを操って資金を増やしていく。さらに中東で事件が起きれば原油が上がるとこれも手を打つ。陰の勢力の側も城島の動きに気づき、妨害を図るのだが・・・。とてもリアリティのあるストーリー展開で、城島チームの何気ない台詞に平和ボケ日本への皮肉が詰まっている。

 

 終盤KGBの美人暗殺者と城島の恋の話など、ちょっと行き過ぎのエピソードもあるのですが、とても面白い国際謀略小説でした。この手のものを書ける日本人は作者くらいですかね。

「象牙の塔」の異常殺人者

 本書(1985年発表)は、ポーラ・ゴズリングの第6作。毎回テーマやスタイルを変える作者は本当につかみどころがない。前作「赤の女」はスペインを舞台にしたラブサスペンスだったが、本書は米国北部(ラストベルト?)の田舎町にある大学で全てが完結する。「赤の女」の時にコメントしたように、「通常なら出会わない大人の男女が、事件の中で出会い協力する過程で恋が芽生える」という作者の基本パターンは、本書にも見られる。5作読んで、共通しているのはこれだけだと言ってもいい。

 

 学期が終わった真冬の大学、文学部棟では<登録週間>というイベントを終え、1ダースの教官たちが集まってサンドイッチとシェリーくらいの、軽いパーティを開いた。それも三々五々解散となり、家に帰るもの、研究室の戻るもので会場は人気がなくなった。文学部棟の灯りはほとんどが消えてしまった。研究室に引き揚げたアダムソン教授のもとには、予期せぬ来訪者があった。彼は殴り倒された上、ペーパーナイフでめった刺しにされ、挙句に舌を切り取られた。

 

        f:id:nicky-akira:20201024114455j:plain

 

 地元警察で捜査に当たることになったのは、はみ出し者で知られるストライカー警部補と馭者役のトスカレリ部長刑事。彼らが被害者の身辺をあたるうちに、被害者を殺したいと思っている人物は無限にいることが分かってきた。彼は無礼で傲慢なだけではなく、誰彼なしに弱みを暴いてあてこすり、挙句ゆすりもしていたらしい。

 

 学生時代アダムソン教授の講義も取ったことのある若い教官ケイトも、教授の事は嫌っていた。しかし彼女は「学生運動」をして警官に殴られたことから、警官はもっと嫌いだった。10年前に彼女を殴った新人警官こそストライカーなのだが、ストライカーはケイトを警察の協力者にしようと接近してきた。

 

 ストライカーとケイトがもめているうちに、両足義足のピンチマン老教授が自殺を図り、学部長が殴られた上耳を切り取られる事件が発生する。二人とも命は助かったのだが、地元新聞は「象牙の塔の見猿・聞か猿・言わ猿」事件だと書き立てた。

 

 前作「赤の女」ほどではないが、田舎町の雪の中に跳梁する異常殺人鬼の姿は不気味で、個性的なストライカーとケイトの恋の進展も微笑ましい。つかみどころのなさには閉口しますが、作者がなかなかの書き手であることは間違いないでしょう。レギュラー探偵ものを書いてほしかったと思います。

反日原理主義の国

 3月に韓国大統領選挙があるのだが、それを前にして与党・野党・もうひとつの野党の候補者が、暗闘を続けている。人気だった野党候補者は、内輪もめで選挙対策本部を解散させるし、与党候補者は「髪の毛の植毛」などと意味不明の政策を主張している。日本人には全く理解できない「選挙戦」である。その背景には、大統領を辞めると例外なく逮捕起訴されてしまうという実態がある。廬武鉉大統領だけは検察捜査中に自殺して、逮捕はされなかった。

 

 慰安婦問題・徴用工問題・竹島問題はもちろん、本書(2019年発表)で大きく取り上げている「P-1哨戒機に対する射撃レーダー照射事件」など、紛争のタネには事欠かないのが日韓関係。本書によれば、反日教育は徹底していて、

 

・古代に野蛮な日本人に文化を伝えたのは朝鮮民族

対馬は韓国領だが、350年前に日本が奪取した

・20世紀はじめ、日本は朝鮮半島を侵略、植民地化した

・植民地支配は苛烈なもので、半島民の近代化の芽を摘んだ

・獨島は韓国領だが、植民地支配時代に奪われた

慰安婦は日本軍によって強制連行され、性奴隷とされた

 

 という「歴史」を繰り返し教え込む。これによって若い世代ほど反日になるのだという。

 

        f:id:nicky-akira:20220115124259j:plain

 

 例えば2013年、38歳の酩酊した男が95歳の老人を殴り殺した事件。老人は「日帝支配は良いことだった」と言って、激高した男に殺された。これに対して心身耗弱の傷害致死で懲役5年の判決が出ると、

 

日帝が良いと言った時点で(老人が)犯罪者、殺して当然

・むしろ(酩酊男は)英雄、なぜ有罪とするか?裁判官は売国奴

 

 とのネット世論が渦巻いた。韓国は表面上民主主義の国だがそれは「幻想民主主義」で、民族的に「北」のような独裁制が似合うと筆者はいう。親北の文政権では、政府はもちろん司法界も「北」に支配された状態だともある。核実験、ミサイル実験の成功は「民族の誇り」なのだそうだ。

 

 この厄介な隣人とどう付き合うか、本書は筑波大学古田教授(歴史学)の言葉を引用して、「日本国民はあくまで<助けず・教えず・関わらず>の非韓3原則で対応、日本からの援助を求める韓国内の声に耳を貸してはならない」と示している。

 

 うーん、主張は分かりますが、世界経済の中で10位以内の実力を持つ国です。全く関わらないわけにもいかないでしょう。もう少し現実的な「トリセツ」かと思って読んだのですが・・・。

人間にとって経済とは何か

 2016年発表の本書は、マクロ経済学吉川洋東大名誉教授が、人口減少ペシミズムを打破する意図で書かれたもの。とかく人口減少続く日本では「失われた30年」もあって意気消沈していると、筆者には見えたらしい。

 

 本書で筆者は、紀元前5,000年まで遡っての人類の人口推移や、18世紀マルサスの「人口論」、19世紀ジョン・スチュアート・ミルの「ゼロ成長論」からケインズ、ピケティに至るマクロ経済学の歴史を追って「人口減少は悪か?」を問うている。

 

 本来体重60kgほどの雑食性哺乳類が繁殖する上限は、1.5人/1平方キロだとある。しかし人類はイノベーション(石器からICTまで)を起こすことで、この限界を打ち破った。人口は戦争や飢餓、疫病らによって減るもあったが、総じて増え続けた。マルサスは経済成長によって豊かになれば、多くの子供が育てられ人口が増えると説いた。

 

 しかしミルの頃にはすでに経済成長に陰りが見え、格差も大きくなったことから、成長はゼロで(衰退しなければ)いいとして、分配が重要だとした。今の「新自由主義批判」や、「共同富裕論」など、200年以上前から論じられてきたのかと、素人の僕は驚いた。その後ケインズの公共事業論や、ピケティの格差是正論がやってくる。

 

        f:id:nicky-akira:20210927153718j:plain

 

 マルサスのころには食糧供給が経済活動の大半だったが、その後は「種の保存」を超えた刑事活動が非常に大きくなって、経済成長すれば人口が減ることになった。ただ医療の向上で、寿命は著しく延びた。筆者は多くの論者を紹介しながら、いくつかの主張をしている。

 

・「贅沢」は経済を回すための必須要件

GDPはグローバル時代には不完全な指標だが、有用ではある。

・日本の高齢化は、生命体としての限界に近づきつつある。

イノベーションを続ければ、少子化日本でも経済成長する。

・日本の問題は企業が内部留保を増やし、冒険をしないこと。

・本来、家計の貯蓄が増え、企業はそれを借り受けイノベーションへ投資すべき。

 

 最後は「人間にとって経済とは、種の保存の領域を大きく超えた集団的代謝機能」と結ばれている。余談的に扱われているが「哺乳類は心臓が15億回鼓動すると寿命」という一説。人類ではそれは40歳代半ばだとある。あー、やっぱり僕の今は「おまけの人生」だったのねと納得しました。