新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

闘う空の脇役たち

 以前「あっと驚く飛行機の話」の中で、第二次世界大戦での軍用機に関するコメントを紹介したが、対象が膨大なのでとても書ききれるものではない。このテーマで二冊目に紹介したいのが本書「忘れられた軍用機」である。

 

 本書には42機の各国の軍用機が紹介されているが、共通しているのは全部「脇役」であること。また少なくとも配備されてある種の「活躍」をしたことだろう。零戦スピットファイア、B17(Queen of the Sky)のように「主役」は張らなかったが、烈風や秋水のように試作のみで終わったものではないということだ。42機のうちで印象に残ったものは下記である。

 

◆アームストロング・ホイットワース・アルベマール

 英軍の双発爆撃機。自重が8トン近い鈍重な機体で、爆撃機としてはドイツ戦闘機の好餌になるだけだった。しかしグライダー曳航力があって「マーケットガーデン作戦」では大活躍をした。

 

◆ハインケルHe115

 ドイツの双発水上機。特に変わったことの無い機体だが、雷撃ができるという利点があった。ドイツ軍が当初想定しなかったバレンツ海での海戦が生起し、ソ連への輸送船団を雷撃で沈める活躍をした。

 

        f:id:nicky-akira:20200512111125j:plain

 

◆FFVS・J22

 中立を保ったスウェーデンの単座戦闘機。13mm&7.9mm機銃各2門という武装は貧弱で、諸性能も平凡だったが、防衛戦専用ならこれで十分だった。今でもこの軍は防衛専用の特殊兵器を配備したユニークな軍隊である。

 

◆P63キングコブラ

 米国陸軍の戦闘機。P39エアラコブラの後継機で、エンジン強化により速度も航続力も大きく向上した。しかし登場が1944年後半と遅く、対ソ援与で東部戦線に回された。機首の37mm砲が地上攻撃に大変有効だった。

 

◆九州飛行機・東海

 日本海軍の陸上哨戒機。角ばった広いコックピットが外観上の特徴で、一見ドイツ機のように見える。用途は対潜哨戒。艦隊決戦にあたり敵潜水艦の偵察・攻撃を排除するために開発されたもの。

 

 このほか英国軍の「変な兵器」、フェアリー・フルマー艦上戦闘機(なんと複座)やボールトン・ポール・デファイアント戦闘機(前方を射撃する機銃なし)もあるが、これらについては今回はコメントしない。

 

 アイゼンハワー将軍は第二次世界大戦を勝利に導いた兵器として「ジープ、バズーカ、C47」を挙げています。そう「脇役」無くして軍は動けないのです。

命を懸けた人たちの手記

 本書は光人社NF文庫に2015年に加わったものだが、元稿は雑誌「丸」に掲載されたもので、ほとんどを実際に操縦槓を握って命のやり取りをした人が執筆している。23編の記事の内、1編が対談、1編が編集部による「未完成機の特集」だが、取り上げられている戦闘機は、

 

・三式戦 1

・九六艦戦 1

零戦 6

二式水戦 1

・月光 4

紫電 1

紫電改 4

雷電 3

・烈風 1

 

 となっている。三式戦は大正3年に制式化された戦闘機で、日本海軍が初めて実戦で敵機を撃墜した殊勲機(当然複葉だったが)である。九六艦戦は旋回性能・操縦性に優れた戦闘機だったが、7.7mm機銃2門の武装は貧弱で、航続距離も短かった。これを刷新して、かつ航空母艦上での運用も可能としたのが零戦11型だった。弾数が少ないとはいえ20mmの炸裂弾の威力は絶大で、大型機も仕留めることができた。

 

        f:id:nicky-akira:20211229094220j:plain

 

 ただ1,000馬力級のエンジンでは上昇力・加速力に課題があり、米軍が2,000馬力級のエンジンを積んだ戦闘機を出してくるようになると、苦戦を強いられた。もう一つの欠点は通信設備で、まともに動かないうえに重いのでベテラン搭乗員は無線通信機を積むのを拒否したという。これでは共同しての空戦が難しい。

 

 2,000馬力級戦闘機以上に脅威になったのが、重装甲の爆撃機。12.7mmの防御火力が凄まじい上に滅多の事では火を噴かない。これが夜間に航空基地を狙って爆撃しに来るので、これを防ぐために局地戦闘機の開発が求められた。

 

 とはいえ、前線では今日にも対応機種が欲しい。そこで二式陸上偵察機に斜銃を積んで迎撃にあたらせた。これが月光である。重武装爆撃機にも後方下部に死角があり、ここに潜り込んで並走しながら機銃を打ち上げるわけだ。

 

 ただ敵爆撃機は続々やってきて、ついには都市に対して戦略爆撃も始めた。これに対抗したのが、航続距離は短くても重火力・高速の局地戦闘機雷電紫電紫電改である。

 

 面白かったのは試作のみに終わり実戦参加のなかった次期艦上戦闘機烈風にテストパイロットとして乗った小福田少佐の1編。烈風は、プロペラの付いていない写真しか残っておらず、飛んでいたとは知らなかった。あと、マリアナ沖海戦に旧式の零戦で闘った白浜飛曹長が、機銃の故障した機で8機のF6Fを引き付けた話は感動ものでしたよ。

米国vs.全世界の大海戦

 本書は「海の架空戦記作家」横山信義が、本当に書きたいものを書いたシリーズの1作。第二次世界大戦はどう転んでも日本に勝ち目がなかったことは、何度も紹介している。それでも架空戦記作家たちは、工夫をを凝らして、

 

・なんとか善戦できるように

・あわよくば講和に

 

 というシチュエーションを作ろうとする。SF的な手法を用いない限りは、本書の国際情勢は一番理想的なものと言えよう。何しろ米国が覇権意識をむき出しにして、欧州に侵略戦争を仕掛けるというものだから。英・独・仏・伊に日本からなる連合軍には、のちにソ連も加わることになる。

 

 米軍は北アフリカジブラルタルアイスランドを占領、西地中海や北海に制海・制空圏を確保している。一方太平洋ではトラックやサイパンは落としたもののパラオ日本海軍に侵攻を阻まれ、フィリピンが危機に陥っている。

 

 開戦は1942年だったので、各国海軍には計画のみで終わった艦種も就役している。作者が本書で書きたかったのは、以前「最も美しい戦艦」と紹介したドイツの「シャルンホルスト級」の活躍。主砲は28センチとやや小口径ながら、3連装3基で副砲・対空砲も充実していて快速(31ノット)である。

 

        f:id:nicky-akira:20210309151148j:plain

 

 史実では2隻しか完成しなかったが4隻の計画があり、本書の情勢では完成した4隻が日本海軍に売却されて太平洋戦線に登場する。日本海軍はこの4隻の巡洋戦艦を「浅間」「阿蘇」「天城」「吾妻」と名付けて、機動部隊の護衛用に配備する。

 

 砲撃力はまずまずで速力に優れる巡洋戦艦という艦種は、第一次世界大戦のシェットランド沖海戦で垂直方向の防御に問題ありとされた。日本海軍も「金剛」級の4隻を高速戦艦に改装して、実質この4隻しか日本の戦艦は活躍しなかった。

 

 本書では巡洋戦艦4隻はパラオ沖の大海戦に参戦、米国の新鋭戦艦や巡洋艦と砲火を交える。「ブルックリン」級などは軽巡洋艦ではあるが1万トンの排水量があり、6インチ砲を15門も積んでいる。冒頭の海戦では、英国の新鋭戦艦「プリンスオブウェールズ」が、2隻の軽巡洋艦に撃ち負けて戦闘不能となり魚雷で沈められている。史実通り空母機動部隊の激突の後でしか水上艦の出番は無いのだが、それでも思い切り砲撃戦を楽しめるのが作者の真骨頂。

 

 20年以上前に読んで面白かったのが本書、一番好きな架空戦記かもしれません。

市民運動出身の首長

 20世紀の終わりごろ、TVで政治討論番組をよく見ていた僕には、自分からは遠い政党でありながら気になる政治家が2人いた。一人は先週「東電福島原発事故、総理大臣として考えたこと」を紹介した、当時社民連菅直人議員。もう一人が社民党保坂展人議員。どちらも市民運動の出身で、主張はシャープに伝わってきた。

 

 保坂議員は2009年の自民党が下野する総選挙で落選、国会を去ることになる。しかし外側から民主党社民党の連立政権の失敗を見て、世田谷区長に転身する。きっかけは東日本大震災福島原発事故当時、杉並区長の南相馬市支援を手伝ったことだという。筆者の国会議員としての出発点は、自社さ政権。1年だけ与党を経験しその後野党の立場で国政を見たことが、バランスのいい政治感覚を身に付けられた理由だった。

 

        

 

 2021年発表の本書は、12年間90万人以上の自治体を治めた筆者が、政治学中島岳志氏のインタビューに答える形で「政権の選択肢」を示したもの。「COVID-19」対策でも世田谷モデルを確立した行政手腕の持ち主で、いくつか示唆に富む発言がある。

 

 米国での意見形成は、地域にある無数のアソシエーションで成される。移民の多い国なので、この方法でしか合意ができない。合意があれば政治家が大したことなくても、政治は前に進む。日本には町内会しかない状況なので、政治家はアソシエーションづくりをすべき。

 

 合意形成には時間がかかる。下北沢の再開発は意見対立を収めるのに熟議デモクラシーが重要だった。昨今の政治は「スピード感」が重視されるが、それでは誰かを取り残す強権政治になりかねない。個別案件だけでなく政策そのものも、毎年5%変えるペースでいいという。

 

 首長のリーダーシップとは、即断即決で物事を決めるのではなく、熟議を待つ忍耐力のことだとある。「政権交代ではなく政権運営の質の転換を目指すべき」というのは、いい指摘でしたね。

伸介登場前の社会派ミステリー

 1979年発表の本書は、アリバイ崩しの巨匠津村秀介のデビュー第三作。第五作「山陰殺人事件」で登場するレギュラー探偵浦上伸介の前には、作者は所轄の警官を探偵役に社会派ミステリーを書いていた。作者が<週刊新潮>で<黒い報告書>を連載していた事件記者だったことは良く知られているが、初期の作品には本書のように犯罪の背景がヴィヴィッドに描かれるものが多い。

 

 その後商業主義なのか、トラベル&アリバイ崩しミステリーを量産することになるのだが、晩年の作品に厚みをもたらしたのも「犯罪の背景」だったと感じられる。パズルミステリーは面白いのだが「やがて寂しく・・・」なるのも事実で、多くのパズラー作家が、人間性や社会性に目を向けるようになっている。作者は、最初は社会派で、パズラーとして名を上げ、また社会派に戻ったような気もする。

 

        

 

 今回の事件は、嵐の夜に津久井湖相模川上流)と新松田(酒匂川沿い)でほぼ同じ時間に2人の女が殺されていたもの。中堅建設業者常務の太田の妻と、愛人が犠牲者だった。太田の企業は同族会社で、まだ30歳代の太田が常務にまで出世したのは、妻が社長の娘だったから。しかし最近社内での横領が疑われたり、愛人が発覚したりして太田の立場は悪くなっていた。

 

 捜査陣は、太田が腹心の部下を使って妻を殺したと見るのだが、愛人が殺された理由や同時に離れた場所で犯行ができるかが分からない。加えて太田にも部下にも鉄壁のアリバイがあった。太田が満州引揚者のひとりで、町田市付近の引揚者村で貧困の中に育ったことが語られる。高度成長期ではあったが、まだ「戦後」だったことを思い出させてくれた。

 

 小田原・横浜・川崎・町田と、土地勘のあるところが舞台で、それゆえにアリバイトリックの8割がたは分かりました。未入手だった作者の初期作品、面白かったです。