新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

ルブ・アル・ハーリー砂漠

 日本ではあまり報道されていないが、シリアと並んでイエメンの内戦も悲惨な状況にあるらしい。南にアラビア海を臨む国イエメンでは、事実上サウジアラビアとイランの宗教対立からくる代理戦争が続いているのだ。言うまでもなく灼熱の砂漠がかなりの面積を占めているエリアで、イエメンとサウジアラビアの国境地帯「ルブ・アル・ハーリー砂漠」は、付近に住むベドウィンたちからも「虚無の地域」と呼ばれ人が生息できるところではない。

       f:id:nicky-akira:20190506093131p:plain

 国境というがそもそもこんなところに国境などない、為政者が地図上に引いた線だけだ。しかし昔はこれほど苛酷な環境ではなく、文明も栄えたとの伝説もある。それが南アラビア最古の王朝「サバ王国」、いわゆる「シバの女王」の治めた地である。
 
 戦争・冒険小説の大家で「鷲は舞い降りた」などの著作のあるジャック・ヒギンスが、南アラビアを舞台に描いた活劇が本書(1994年)。物語は1939年春、ナチスドイツのヒトラー総統がポーランド侵攻を決意したところから始まる。ラインラント進駐やオーストリア併合など領土を拡大し続けてきたドイツだが、さすがにポーランドに手を出せば英仏は黙っていまい。そこで開戦劈頭に英国の出鼻をくじく作戦を考えろと、ドイツ情報機関の長カナリス提督はヒトラーに命じられる。
 
 そんな時飛び込んできたのが、シバの神殿をドイツの考古学者が見つけたというニュース。大きな柱と広い神殿への道が残されているという。カナリスの幕僚はここに臨時の航空基地を設けスエズ運河を空襲するプランを立てる。スエズ運河は英国の動脈ゆえ名案なのだが、問題はその攻撃機ルフトヴァッフェには南サウジからスエズまで飛べる軍用機がない。カナリスの幕僚は中古の米国製コンソリーテッド・カタリナ飛行艇を入手、これにスペイン義勇空軍のパイロットをのせて神殿に軍需品を運び始める。日本の二式大艇はもちろん97式大艇にも劣るカタリナだが、ヨーロッパ戦線では非常に有用だったことがわかる。
 
 しかしカナリスのこの作戦に思いがけない邪魔が入った。行方不明になったイギリスの考古学者を探してくれとその妻に頼まれたアメリカ人の冒険家ギャビン・ケインとその友人たちが介入してきたのだ。ドイツの捕虜となっている考古学者を探すケイン一行は、虚無の地域のならず者やドイツの放った刺客と戦いながらついに神殿に迫る。
 
 確かに面白い冒険譚なのだが、やや竜頭蛇尾の感じを持った。軍事的なコンフリクトは中盤までで、その後は考古学者を救出したものの女性2人をさらわれたケインたちが、ほとんどゴロツキと化したドイツのエージェントを灼熱の砂漠で追う話になってしまう。前半の仕掛けが面白すぎたので、勝手に想像を膨らませて期待した僕が悪かったのかもしれませんが。

軍隊と自衛隊の間

 政策通と言われる自民党石破議員が、2004年に2年以上務めた防衛庁長官(現在の職名は防衛大臣)を退いてから著わしたのが本書である。「軍事オタク」とのうわさもある同議員だが、長官室に軍艦や戦車のプラモデルを飾っていたのは事実のようだ。それでも本書は、題名と異なり軍事というよりは民主主義についての持論を書いたものだと思う。

 
 徴兵制について、フランス革命で民主主義が確立してから国防は(王や貴族でなく)市民が担当すべきものになって導入されたものだとある。彼自身は今の日本に徴兵制は向かないとして反対の姿勢だが、国民/市民も国防の意思と基礎的な軍事知識はもつべきだという。自民党の議員の中にも、知識のなさからとんでもない主張をする人もいると本書にある。まして一般の人なら、「Fake News」が流れてもそれを判断できないだろう。

        f:id:nicky-akira:20190601051435p:plain

 本書には2011年時点での「文庫版まえがき・あとがき」が付いていて、鳩山元首相の「普天間。最低県外」発言や、菅首相の震災対応を批判している。妥当な批判と思うが、このお二人戦後の首相では二人だけの理系卒なのだが、同じ理系出身としてNINJAも恥ずかしい限りの始末であった。
 
 安全保障を中心に、核を含むエネルギー政策や情報収集や管理、財政にまでふれ、北朝鮮の脅威にかなりのページを割いている。驚いたことに13年経っても状況は変らず、かの国のミサイルの威力が増した程度の変化しかない。
 
 本書に懸念されていた、有事法制集団的自衛権、ミサイルディフェンスは整備されたし、防衛庁防衛省となった。河野防衛大臣のもと、敵基地攻撃能力の議論も始まった。それでも現在なお、自衛隊が本当に戦える軍事力をもっているのかどうかには疑問が残る。具体的に何が問題なのか、本書によく整理されているので多くの人に読んでいただきたいと思います。

イギリス貴族の「笑劇」

 以前デビュー作「誰の死体?」を紹介したドロシー・L・セイヤーズの第二長編が本書である。デビュー作については、カッコいい貴族探偵ピーター・ウィムジー卿を主人公にした本格ミステリーとして同時期のライバルであるアガサ・クリスティより上手いかもしれないと思った。レギュラー探偵のシリーズでは良くあることだが、何作目かで「探偵役自身の事件」が描かれることがある。例えば内田康夫は「最低3作浅見光彦ものを読んでから読んでほしい」という条件を付けて、「浅見光彦殺人事件」という一冊を書いている。

       f:id:nicky-akira:20190506075623p:plain

 本書は(早くも二作目で)ピーター卿自身の事件である。コルシカ島を旅していたピーター卿に届いた悲報、それは妹であるレディ・メアリの婚約者が銃で撃たれて死に、兄であるデンバー公爵に殺人容疑がかかっているというもの。イングランド北部のリドルズデールで起きた事件で、物語は冬のヨークシャーといううら寂しいところで展開する。容疑をかけられながら頑としてアリバイを話すことのない兄、社会主義者の男と別れきれずに婚約者を持った妹など、親族の証言さえ信用できない中、ピーター卿の兄の無実を晴らす闘いが始まる。
 
 ピーター卿自ら「手がかりがありすぎる」と悩み、正直手あたり次第の捜査になるのだが、ピーター卿を次々と危機が襲う。社会主義者を追うとき拳銃で肩を打たれたり、荒れ地を歩いていて底なし沼に飲まれたりする。リドルズデール荘の書斎に残されていた「吸い取り紙」からヒントをつかんだピーター卿は、事件のカギを握る女性を突き止め、パリからニューヨークへとその女性を追う。そのころ、英国では兄の裁判が始まっていた。
 
 事件そのものはそれほど意外な展開は見せないのだが、貴族ばかりで構成された裁判の迫力はなかなかのものだ。ニューヨークから飛行機で証拠を持ち帰るピーター卿の活躍で、兄の無実は証明され事件は解決する。
 
 まあ面白かったなと思って解説を読んだ。すると、作者の母親がパロディ作家で素人(喜劇)女優だったことが明かされていた。解説者によれば、セイヤーズの書きたかったものは本格ミステリーではなく「笑劇(ファース)」なのだそうだ。そう、ディクスン・カーが大好きなあのドタバタ劇。その見方をするなら、高貴な人たちが殺人容疑をかけられたり底なし沼にはまったり市民の好奇の目にさらされること自体が「笑劇」とも言える。視点が変われば風景が変わる、だまし絵のようなミステリーだったのかもしれません。

双子の天才戦闘機乗り

 「鷲は舞い降りた」などの戦記物で知られるジャック・ヒギンズが、しばらく筆を措いた後1998年に発表したのが本書。第二次欧州大戦を舞台に、数奇な運命に翻弄される双子の天才パイロットを描いた傑作である。主人公のハリーはアメリカ人だが、欧州が戦火に包まれた1939年フィンランド空軍に加わってソ連軍と戦う。

 
 「冬戦争」とも言われた短い戦いがフィンランドが屈した形の講和で終わると、英国に渡りナチスドイツを相手に「英独航空戦」を戦った。ハリーは多数の敵機を墜とすのだが、戦果を申告しなかったり戦友に譲ったりして認められた撃墜数は40機あまり。それでも抜群の戦果で、佐官に昇進する。
 
 一方ドイツ空軍にも「黒の男爵」と呼ばれた天才パイロット、マックスがいた。フランス電撃戦、英国の戦い、北アフリカ、東部戦線を巡って膨大な撃墜機数を誇り、こちらも佐官になった。この二人、制服を脱げば見分けがつかない。それもそのはず、二人は一卵性双生児なのだ。二人の父親は第一次世界大戦で戦死したアメリカ軍人、母親はドイツ貴族であるアドラー男爵夫人。男爵夫人が夫の死後ドイツへ渡るとき、マックスだけを連れ帰った。ハリーは父方の祖父ケルソー上院議員に育てられた。
 
 二人の戦場での活躍や転戦の模様は、個々にも十分一編の戦記小説になるほどだ。ハリーは頑固に英空軍に残ろうとするのだが、参戦した米軍も英雄を求めていてアイゼンハワー将軍自ら米軍への帰還を命ずる。アドラー男爵夫人は世間知らずゆえ、反ヒトラーの貴族たちと付き合い窮地に立つ。歴戦の猛者マックスもヒトラーヒムラーの前では消耗品にすぎない。

       f:id:nicky-akira:20190506122511p:plain

 ヒギンズは両者の運命のからみを後半に用意していた。フランス上空でハリーが撃ち落され捕虜になると、ヒムラーはマックスをハリーとしてイギリスに送り、アイゼンハワー暗殺をさせようというのだ。人質にされた母親を救うため、双子の息子たちはやむなくこの陰謀に加担する。
 
 メッサーシュミット109、ハリケーンスピットファイアはもちろん、シュトルヒ偵察機ライサンダー輸送機など多くの航空機が登場し、いずれも重要な役割を果たす。まさに航空機作家ヒギンズの真骨頂のような作品でした。「黒い男爵」というネーミングも素敵だしね。

年金の物価スライド制

 以前憲法改正議論が高まってきたので、ミステリー作家和久俊三の「憲法おもしろ事典」を紹介した。その後僕が思ったほど、憲法論議は進んでいない。それはともかく、和久先生(弁護士でもある)のこの本も面白かった。埋蔵金発掘の権利関係、酒の上の口約束の効力、、借家人の権利、未成年者の借金などの事例が挙げてあって、蒸気機関車のばい煙訴訟、昭和天一坊事件などの判決なども面白く読めた。

 
 その中で僕の興味を惹いたのは、「国鉄運賃に合わせて家賃を決める」というある大家さんのアイデアについてである。昭和40年ごろの話で、国鉄運賃(東京・大阪間の2等運賃)が値上がりすればその比率に合わせて家賃を上げ、逆なら下げるというもの。裁判の結果、このような特約は不合理であるとして棄却された。

       f:id:nicky-akira:20190507071217p:plain

 作者のコメントとして、国鉄は値上げをしても値下げしないからとか、端数の扱いがあってこのアイデアは実現が難しいとあるがこれは大きな問題とは思えない。またその付記として、「経済企画庁が発表する〇〇物価指数の変動に応じて、家賃や地代を値上げする」という特約も認められまいとある。これには違和感があった。というのは、現在の年金制度は物価スライド制がとられているからだ。デフレ時代を象徴するかのように、年金が減額されて困った人たちの報道はよくあった。
 
 もしこの判例を参考にして、「物価指数連動の年金制度は違法だ!」と訴訟をおこしたらどうなるのだろうか?家賃、地代と年金ってそんなに違うものではないと思うのですが。