新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

サルディニア島の弁護士

 今年の新年の旅行はローマだった。島のワインを呑みに行ったような旅だったが、やっぱりシチリアサルディニアのものは美味しいと思う。帰国して「そういえばイタリアン・ミステリーがあったな」と探し出したのが本書。なんとサルディニア島を舞台にしたものだった。

 

 作者のマルチェロ・フォイスはサルディニアのヌーオロ(サルディニア文学のメッカだそうな)生まれ、ヌーオロ育ち。本書には2編の中編が収められているが、いずれも1900年頃のサルディニアが舞台で、探偵役のブスティアヌ弁護士は実在の人物である。訳者によるとサルディニア方言が随所にあって、翻訳には大変苦労したらしい。

 

 なにしろ今はフランス領である隣のコルシカ語の方が、むしろイタリア語に近いという。イタリアは、他の欧州諸国にもまして地方色が強い。本書でもサルディニア生まれのブスティアヌ弁護士と本土から来た警察署長が、土地の独自性や署長のよそ者ゆえの勘違いを再三話し合っている。

 

        f:id:nicky-akira:20200117200813j:plain

 

 最初の中編「いかなるときも心地よきもの」は、弁護士が昼食後出掛ける長い散歩のこと。難事件を考えるときも恋に悩むときも、彼は町はずれの自然の中を歩き続ける。解説に「ミステリというより普通小説」とのコメントがあるように、謎解きそのものは単純である。しかしサルディニア島の自然描写は、とても美しい。

 

 またローマで食べておいしいと思ったソーセージ(サルシッチャという)や、家畜の臓物料理なども顔をだすから面白い。何種類ものお酒(蒸留酒だろう)の名前も出てくるが、どんな酒なのかよくわからない。登場人物の多くは純朴で、盲目的に息子の無実を信じる母親や容疑をかけられても頓着しない青年などによって、弁護士は悩ませられる。

 

 小説のテクニック上の問題としては、主人公の弁護士が時々一人称で出てきて読者を混乱させる。登場人物の名前になじみがないこともあって、「これって誰の事?」と首をかしげることもしばしばだ。イタリアのミステリというだけで珍しいのに、サルディニアという孤島の風情が詰まった1冊、ほのぼのとした気分で楽しめましたよ。

百科事典による国際政治

 今まで「黒後家蜘蛛の会」などのミステリーを紹介したアイザック・アシモフだが、いかにミステリー好きとは言え本業はサイエンスフィクションである。数ある著作の中でも、傑作と言われるのが前回紹介した「鋼鉄都市」と本書から始まる「銀河帝国興亡史」だろう。

 

 確か高校生の時に読んで、あまりいい印象を持たなかったのを覚えている。表紙の絵にあるような宇宙巡洋戦艦が暴れまわる話かと思ったら、ドンパチなど起きやしない。登場人物の会話ばかりでページが過ぎていったからだ。それが45年を経て読み返してみると、全く違う風景が広がっていた。

 

 銀河紀元歴で120世紀、隆盛を極めた帝国は周辺から腐り始めていた。天才心理歴史学ハリ・セルダンは、帝国の崩壊は避けられずその後30,000年の暗黒時代が来ると予測した。彼は暗黒時代を縮めることは可能だと考え、辺境の惑星に「科学財団:ファウンデーション」を設立して10万人の科学者とともに移住する。

 

        f:id:nicky-akira:20191115181426j:plain

 

 財団が「百科事典」とその背後にある技術・文明を維持することで、暗黒時代を1,000年に縮められるとセルダンは考えたのだ。銀河帝国皇帝やその周辺は、セルダン一派を危険分子と考えたが、辺境に追いやることで安心してしまった。その後セルダンの予言通り、帝国は崩壊し皇帝は名ばかりになってしまう。

 

 この腐敗から崩壊へ至る部分の例示や表現はアシモフ一流の皮肉めいたものなのだが、これが現代の国際政治(トランプ政権誕生、Brexit、文政権の暴走、欧州の移民排斥等)に似ていて笑えない。1951年発表の本書だが、アシモフは70年後の未来を予測していたかのようだ。

 

 セルダンの死後ファウンデーションのある惑星ターミナスの周辺では、軍事力を誇示する星たちが競いターミナスを支配下に置こうとする。軍事力を全く持たない(憲法上の日本のような)ファウンデーションだが、百科事典の知識を独占していてこれらの「野蛮星」に対抗する。

 

 ターミナスに侵攻しようとした星の為政者は、自星の有識者の静かな叛乱で玉座を失ってしまうのだ。中でも「原子力」の制御法を身に着けているのは、ファウンデーション関係者だけなので、彼らのいない星では人口の半分を失う事故まで起きる。

 

 アシモフの科学至上主義のような皮肉一杯の物語、とても面白く読みました。いい政治教本とも考えられます。あと2冊買ってあるので、楽しみです。

諜報・戦場・政治謀略

 戦場では、まれにだがとんでもないことが起きる。例えば本書の表紙のイラストにあるように、同じ塹壕から米軍と独軍の兵士が各々別方向に銃を撃っていたという話も事実である。本書は第二次世界大戦の主に欧州戦線で起きた、諜報・戦場・政治謀略に関する40の小噺を集めたものである。

 

 ドイツの街を空爆しに行って迎撃されたB-17、尾部が破壊され尾部の銃座にいた軍曹は銃座ごと地上に落下した。しかし骨折はあったもののベルギーの田園地帯に落ちた彼は、命を取りとめて10日後に戦友たちに再会する。

 

 あるいは米軍の連絡機(非武装)に乗っていた将校がドイツ空軍の偵察機シュトルヒを見つけ、「見敵必戦」とばかり拳銃でこれを撃った。敵機は急に高度を下げ、墜落した・・・らしい。独軍は操縦系統に銃弾で損害を受けたものの、不時着は別の理由だと抗弁している。

 

        f:id:nicky-akira:20200118104124j:plain

 

 こんな話も面白いのだが、全体の半分以上は欺瞞行動やスパイ戦である。冒頭の1話「ノルデン照準器」は、開戦時米空軍の最重要機密。アナログコンピュータのようなもので、高空からの爆撃の精度を高める兵器だった。当然ドイツはその情報をつけ狙いついに設計図を手に入れるのだが、製造したコピー機は複雑すぎて使い物にならなかったという。推測するにメカフェチであるドイツ技術陣が、必要以上に凝ったメカ的な改良を加えたのではないか。この照準器のコア技術はエレキだったのに・・・と思う。

 

 開戦劈頭に英国に展開していたドイツのスパイ網は一斉摘発を食らうのだが、それは戦前から英国諜報部がドイツのスパイ学校(!)に留学させていたスパイからの情報によるものだという話には、正直驚いた。現在までその人物の名前や素性、情報をもたらした後どうなったのかはわからない。そのように大胆な作戦を考案・実行できるのは、まさに「大英帝国」ゆえだろう。

 

 暗号戦の話も面白い。単純に暗号機を盗んだり解読を試みるようなことではなく、米軍のブラック暗号がドイツに解読されたことを知った英国が、それを逆手に取ってその暗号に偽情報を乗せて送り、北アフリカ戦線でロンメルを騙したというもの。このようなアクションは、デジタル万能の現在になっても・・・いや、なったからこそより効果的に使えるというものだ。温故知新、いい勉強になりました。

パリのカウボーイ

 昔よく旅行で行ったパリ、中心を流れるセーヌ川沿いには多くの古書店(というか屋台)が出ている。今年

初めに旅行で行ったマドリードでも、、アトーチャ駅のそばに古書屋台が並んでいた。日本ではBook-offに通う僕だが、洋書の目利きなどできるはずもなく、指をくわえて見ているだけだが。

 

 本書はマーク・プライヤーのデビュー作。プライヤーはイギリス生まれで現在はテキサス州で地方検事補を務める法律家。仕事のかたわらに書いた本書は、テキサス出身の在仏大使館保安部長のヒューゴ・マーストンが主人公で、作中にはイギリスから流れてきた古書店主も出てくる。

        f:id:nicky-akira:20190426072725j:plain

 ヒューゴは元FBI、パリ在勤になってもテキサス臭さはぬけずカウボーイブーツの上にスーツを着て伯爵主催のパーティに出かける典型的な「アメリカの田舎者」である。ある日ヒューゴは知り合いの古書店主マックスから、ランボー「地獄の季節」とクリスティ「雲をつかむ死」の初版本を手に入れる。ところがその場からマックスはセーヌ川上のボートに拉致されてしまう。

 

 駆け付けた警察は、しかし捜査に消極的だ。拉致どころか失踪でもなくただ船に乗っただけだと言って、事件性を主張するヒューゴにとりあわない。大使館に休暇を願い出て、ヒューゴは自分で捜査を始める。古書店をめぐるうちに「地獄の季節」の初版本はとても高価なものだとわかる。またマックスがユダヤ系で若い頃はナチ・ハナターだったこと、古書店街を中心に麻薬取引の疑いも出てきた。

 

 稀覯本狙いか、ナチの報復か、麻薬からみか・・・事件の背景が絞れないうちに、マックスの仲間の古書店主も殺される。ヒューゴは知り合った女性ジャーナリストと古い友人のCIAの男の3人で事件を追い、バスク地方にまで出かける。

 

 端々に出てくるパリの情景が懐かしい。焼け落ちてしまったノートルダム大聖堂こそ出てこないが、「レ・ドゥ・マゴ」というカフェや、ポン・ヌフなど知ったところが出てくると場面が目に浮かぶ。そんな洗練された街を、カウボーイブーツで無粋に歩くヒューゴの姿も・・・。

 

 稀覯本が75万ドルもの値で売れたり、付き合い始めた女性ジャーナリスト(当然美女!)が富豪各尺の娘だったり、40男のヒューゴは事件を追いながら幸運の女神がほほ笑んだようだ。(ほほ笑み過ぎのようにも思う)

 

 過度のアクションもなくリアリティのあるミステリーであるが、どう分類していいか分かりにくい。本格というには謎が浅いし、犯罪小説でもない。まあいろいろな書籍と本を愛する人が出てきてそれがモチーフなった普通小説かもしれません。

ノベライゼーションにかける手間

 映画やTVドラマのノベライゼーションを読むことはあまりないのだが、以前「古畑任三郎シリーズ」の短編集を紹介したことはある。才人三谷幸喜が本領発揮した短編集だったと思う。TVドラマとしても面白かったが、ほどよく手が入っていて小説としても読めるようになっていた。


        f:id:nicky-akira:20190427151159p:plain

 
 しかしノベライゼーションは、根本的にいくつかの課題を抱えている。原作が映像を前提に作られていることから、カット割りがありセリフ中心で物語が進んでいる。時代を背景にしたリアルタイム性が強すぎる場合がある。出演者のキャラが視聴者/読者に強い印象を与えすぎている。
 
 このような課題をクリアして小説として長らく読むに堪えるものにするには、相当手を入れる必要がある。要はしかるべき人が、このような手間をかけることが(商業的に)可能か、ということになる。
 
 本書は仲間由紀恵阿部寛主演で大ヒットし、映画化もされた「TRICK」のノベライゼーションの1冊である。監修堤幸彦、脚本蒔田光治林誠人と表紙にある。この三人、TV業界で多くの作品を手掛けた人たちで、脚本は高い品質のものだ。
 
 元来ミステリーは奇術との親和性/共通性が高い。双方に通じた、クレイトン・ロースンや泡坂妻夫という作者の例もある。奇術師と物理学者が組んで超常現象に挑むというスタイルは、ミステリーのひとつの王道である。簡単な種明かしを交えながら、コメディのトーンで本来陰惨な殺人事件などを暴いてゆくストーリー展開は見事である。また主演2人の息のあったコミカルな演技、野際陽子演じる書道教師の「文字には力がある」との迫力は記憶に残るものだった。
 
 さて短編小説集となった本書の評価だが、先に挙げた課題の克服ができたとは全く思えない。刑事役生瀬勝久広島弁もそのまま文字になっていて、雰囲気は残るものの読んでいて気になる。セリフ中心でストーリーが進み、情景描写に十分の紙幅が割かれていない。ああ、こういうTVドラマがあったなと思い出させるレベルに留まっている。
 
 表紙の見返しに小さく「ノベライズ:百瀬しのぶ」とあった。上記3人のドラマ作りに携わった人が手を掛けたノベライゼーションではなかったようだ。三谷幸喜は「古畑任三郎短編集」を2冊で止めると言っていた。自分は脚本が本職、小説にかける時間が惜しいということだ。本書は、残念ながらそういう手間をかけずに出版されたものだったようです。