新城彰の本棚

ミステリー好きの自分勝手なコメント

イタリア重罪院の裁判

 「ペリー・メイスンもの」などを読み始めて、改めて法廷ものの面白さを思い出した。他の米国のものや日本の法廷ものの読んだが、本書(2002年発表)のようなイタリアの法廷ものは初めてだ。1月にサルディニア島の弁護士を主人公にした「弁護士はぶらりと推理する」を紹介しているが、この物語には法廷シーンはなかった。

 

 作者のジャンリーコ・カロフィーオは、本書の舞台でもある南イタリアのプーリア州バーリの検察官。本書がデビュー作品である。興味深かったのは、イタリアの刑事裁判のやり方。まず予審があって、そこで被告人には2つの選択肢が与えられる。

 

・略式裁判

 陪審員なしで司法の専門家だけで判決を下す。早く結審するので被告人が負担する分を含め費用も抑えられるが、検察側しか証拠を提示しないので無罪になる可能性はほぼゼロ。量刑は少なめになるので、有罪であればこの方が被告人にも有利。

 

・重罪院裁判

 裁判官2人、陪審員6人が判決を下す。弁護測も証拠提出が可能で、無罪を勝ち取る可能性が(少しは)出てくる。ただし時間とお金がかかり、有罪となればより重い判決を覚悟しなくてはならない。

 

 事件は、バーリから30kmほど海岸を南東に行ったカピトーリの街で起きた。9歳の少年が行方不明になり、のちに死体で発見される。逮捕されたのは少年と親しかったセネガル人の行商人アブドゥ。アフリカ人仲間が助けようと弁護士費用を集めたものの、悪徳弁護士に持ち逃げされてしまう。困った彼らは少壮弁護士グイードに弁護を依頼する。

 

        f:id:nicky-akira:20200519130215j:plain

 

 グイードは妻に逃げられ自信を無くしているのだが、この難事件を前に徐々に生気を取り戻す。捜査や裁判と並行してグイード自身の過去もフラッシュバックされ、彼の挫折から復活の物語でもある。アブドゥは重罪院での裁判を望み、グイードは切り札を手に入れられないまま裁判に臨むことになる。

 

 挿入される複数の事件は、麻薬常習者をどうやって釈放させるかで日銭を稼ぐ弁護士など、イタリア法曹界の恥部を示している。弁護士という職業が、ひどく蔑視されている社会環境もある。また正規の移民でるアフリカ人への差別意識も生々しく描かれている。ジェフリー・ディーヴァーが「最良の法廷スリラー」と評したのが本書、グイード弁護士の華麗な反対尋問もあって、立派な「法廷もの」でした。不慣れなイタリアの地名・人名には閉口しましたがね。